外国人介護職員の問題点、養成した外国人介護職員は日本で就労していいの?
外国人が日本の技術を学ぶ技能実習制度の項目の中に介護が新たに含まれることになりました。

この制度で養成された外国人介護職員が日本で就労した場合の問題点とは何があるのでしょうか。

介護は人と人とのかかわりがとても大切な仕事です。
外国人の場合、言葉によるコミュニケーションが難しいことがあり、高齢者はもちろん同僚間のコミュニケーションがうまくいかない場合にはトラブルになってしまうことも考えられます。

介護職の慢性的な人材不足に外国人を投入する!?

外国人介護職員の問題点、養成した外国人介護職員は日本で就労していいの?についてのイラスト 介護職は慢性的に不足しています。
そのため、技能実習制度に介護を新たに項目として取り入れ、日本の介護施設などで介護実習をしながら介護福祉士の資格取得を目指すことを目的とし、資格取得後は長期在留可能にするとのことです。

しかし技能実習制度はもともと建築や農漁業などで技術を学ぶために制度が行われているものです。
また発展途上国の外国人に対して日本の技術を学び、帰国後に母国で活用してもらうことが本来の目的なのですが…

介護で外国人を労働力として使うことに対しては

先述しましたが技能実習制度における本来の目的は日本の技術を発展途上国の人に伝え、母国に帰国した時に活用してもらうことです。

しかし今回、政府が検討している介護の労働力としてこの制度を利用することは目的から外れてしまっているような気がします。

経済連携協定(EPA)と呼ばれる制度は介護職や看護師の資格を持つ外国人を日本で受け入れ、日本の介護や看護を学びながら介護福祉士や看護師の国家資格の取得を目指すことを目的としています。

しかしこの制度では国家資格を取得するまでのフォロー体制はあるのですが、国家資格を取得した後にそのまま働くことに対するフォローが不十分であり、帰国する人も多くなっています。

そうしたことがあるにも関わらず、本来の目的とは違う技能実習制度を利用した介護職を労働力として得たとしても課題が山積みになってしまうと考えられます。

既存の介護職の待遇改善を

介護職が不足している理由を政府はきちんと検討しているのでしょうか。
介護職は他の産業と比較した時の賃金が低いのにも関わらず、夜勤がある、長時間勤務になるといった待遇が悪い面があります。

そうしたことに対しての対策を行わなければますます介護職が不足してしまいます。

外国人で労働力を確保するのではなく、国内で何とか介護職が補完できるような取り組みをぜひとも行っていただきたいと思います。


2016年11月13日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop