外国人留学生のアルバイトや就職…介護業界も支えているのは外国人?
外国人留学生アルバイトをしながら学費を稼ぐというケースが増加しています。
またそのまま就職をして将来の進学のために蓄えているというケースもあるようです。

外国人留学生は裕福な地域からだけ来ているわけではありません。
アジア地域などの経済的に厳しい地域から日本への留学をしている外国人留学生も多いのです。

そして今後、労働力不足が慢性化している介護業界でも外国人がその支えとなる日もそう遠くはないような気がします。

週28時間の縛り

外国人留学生のアルバイトや就職…介護業界も支えているのは外国人?についてのイラスト 外国人留学生の中には自分自身で学費や生活費を稼ぐ、というケースも少なくありません。

しかし外国人留学生にはアルバイト時間の規定が入管法で定められています。

定められているアルバイト可能時間は週に28時間以内となっています。
夏休みなどの長期休みは除外されますが、それ以外の時には週28時間以内のアルバイトにしなければなりません。


しかし、週28時間のアルバイトでどれくらい収入を得ることができるのでしょうか。
時給を1000円とした場合、週に28000円となり、1か月(4週間)では11万程度になります。

アルバイトで学費や生活費を賄っている場合、とても生活が厳しいような気がしますよね。

外国人留学生が働きながら学べる環境づくり

慢性的な人員不足に悩む介護業界では、留学生や就職者として外国人を受け入れています。

そして働きながら介護福祉士の資格を取得するために日本語の勉強などをしています。

看護師でも同じような取り組みを行っているのですが、実際にうまくいっているかは不明です。

もし他の業界でも同じように外国人留学生が働きながら学ぶことができる環境を作ることが日本の労働力不足を解消する手立てになると考えられます。

しかし外国人留学生だけを頼ってしまうと勉強をするために留学をしているにも関わらず、学業が疎かになってしまうという問題を引き起こしてしまうかもしれません。

そのような問題を起こさないようにしながら外国人留学生に対する支援をしていくことが大切になってきます。

まとめ

少子高齢化に伴い、日本では労働力が不足しています。
しかし元気な高齢者も多くいます。

外国人留学生に頼る前に元気な高齢者を労働力として活用できないかということを考えるのが先ではないでしょうか。

また外国人留学生は学びに来ています。
その学びが最優先されるように支援をしていくことが必要になってきます。


日本の奨学金問題とも似ていますが、学生が勉強をしっかりと行える環境を作ることは将来のためにもなるため、今後しっかりと考えていくべきかだいではないかと考えます。


2016年12月28日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop