がんを治療しない選択はあり?高齢者にとってのがん治療とは?
高齢化が進み、高齢者の数が増加しています。
そのためがんになる高齢者の数も多くなっているのが現状です。

そしてがんの治療をしないという選択をする高齢者もいます。
高齢者の中には元気な方もいますが、ほとんどの場合には加齢に伴い体力などの低下など衰えが出ている方になります。

そのため抗がん剤などの治療を行った場合に副作用などにより寝たきりになるなどQOLの低下につながることも少なくありません。

高齢者のがん治療とは

がんを治療しない選択はあり?高齢者にとってのがん治療とは?についてのイラスト 高齢者は加齢に伴い、体力などはもちろん、身体の中の臓器などの機能が低下しています。

一方、若い世代と体力などがほとんど変わらない元気な高齢者もいますが、それほど多くないでしょう。

実際に高齢者のがん治療について行われている研究では、健康で元気な高齢者を対象としていることが多く、その状態以外の高齢者に対する作用についてはあまり知られていません。

また手術をした場合、がんが取り切れてもその後の体力低下などにより寝たきりになる、肺炎を起こしてしまうケースもあります。

こうしたことを踏まえてもっと高齢者のがん治療について検討していくことが求められています。

治療をしない選択肢も…

高齢者ががんになった場合、若い世代よりも進行が遅いとされています。
そのためあえてがん治療を行わずに自然に任せるという選択をする方も増えてきています。

実際、介護施設に入居している方の中でがんが発見された場合、積極的に治療をされる方が少なく、今までと同じように生活をし、がんによる痛みなどの症状に対しての対症療法のみという方が多くいらっしゃいました。

手術にしろ抗がん剤などの手術以外の治療をするにしろ、高齢者にとってがんを治すメリットよりも体力低下などのリスクにより、今までと同じ生活に戻れるかどうかということを考えなければなりません。

治療をするかどうかは高齢者自身・家族が決めることです。

しかし生活の質(QOL)が今までと同じになるようにすることも大切なことのような気がします。

まとめ

高齢者のがん治療に関して、がんになった高齢者自身がその後の人生をどうしたいのかということが最大のポイントになるのではないでしょうか。

その選択を納得したものにするためには医師の説明が分かりやすく、リスクも併せての説明が必要になります。

高齢化社会で高齢者の数が増加するということからもこれからのがん治療の方法や、治療をしないという選択肢など高齢者のがん治療を囲む環境が少しずつ変わってくるのかもしれませんね。


2017年4月13日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop