誤嚥性肺炎は高齢者におこりやすい その症状とは?
高齢者に起こりやすい誤嚥性肺炎

この肺炎は食事をした時の食べ物や口の中の細菌が誤って肺に入った時に起こる病気です。
高齢者の肺炎の約70%が誤嚥を起因としていると言われています。

この肺炎が起こる原因や症状はどのようなものなのか、予防することができるのか気になるところだと思いますのでまとめていきます。

誤嚥性肺炎とは

誤嚥性肺炎は高齢者におこりやすい その症状とは?についてのイラスト 誤嚥性肺炎とは高齢者の肺炎の約70%を占める肺炎のことです。口の中の唾液に含まれている細菌や食べ物が誤って肺に入ってしまうことで起こります。

普段私たちは食べ物を飲み込む際にのどの奥で気管に蓋をして気管へ流れ込まないようにしています。また気管へ入り込んでしまった場合には咳をして外に出そうとします。

しかし高齢者になるとその蓋を閉める機能の低下や咳反射の低下があるため気管に何かが入っても咳をすることなく自然と肺へ入ってしまい、肺炎を起こしてしまうのです

肺炎というと発熱するとイメージしがちですがこの誤嚥性肺炎では発熱などの症状がなく何となく元気がない、むせが多くなるなどのはっきりと判断しづらい症状になることが多いです。

誤嚥性肺炎を予防するには

誤嚥性肺炎は高齢者に多く、また食事介助を必要としているような状態の人に多く起こります。

そのため、食事の時の姿勢や食後の体勢に注意をする必要があります。もしベッド上やリクライニングの車いす上で食事を取る場合は30°の角度に背を起こします。そして食後もすぐフラットにはせず、この姿勢で2時間程度過ごすことが予防につながります。

また高齢者であればベッドや車いすでの食事でなくても2時間は横にならないようにした方が誤嚥性肺炎の予防につながると言えます。そして誤嚥性肺炎は口の中の細菌が原因になることも多いと言われています。そのため口腔ケアをしっかりと行う必要があります。食後の歯磨き(歯ブラシやスポンジなど)はもちろん、口から食事を取っていない方でも毎日朝夕は最低でも必ず行いましょう

。その才能外でまた誤嚥することがありますので観察が必要です。もしむせなど誤嚥の兆候があった場合にはスポンジやガーゼでふき取るようにしてください。

まとめ

高齢者の肺炎の多くを占めるものが誤嚥性肺炎です。
筆者が介護現場で働いていたころも、誤嚥性肺炎を患っている高齢者の方はたくさんいらっしゃったと記憶してます。

今は歯科医師が積極的に介護に関わってくれており、正しい口腔ケアの方法などを専門家からアドバイスしていただけるのでぜひかかりつけの歯科医師に相談をしてみて下さい。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop