ギャンブル依存症にご用心!克服するために大切なこととは?
もしかしたらギャンブル依存症かもしれないと思っている方、克服したいと思いませんか?
ギャンブル依存症は仕事や家庭を崩壊させるほどギャンブルにのめり込む状態を指しています。

他の依存症でも同様ですが、好きなことに没頭して時間を忘れるのは問題ないのですが、その状態が何度も続くような度が過ぎる状態が続くときには要注意です。

ギャンブル依存症の特徴などを知り、克服できるように行動していきましょう。

ギャンブル依存症とは何か

ギャンブル依存症にご用心!克服するために大切なこととは?についてのイラスト ギャンブル依存症とは、仕事や家庭を崩壊させるほどギャンブルにのめり込む状態を指しています。

ギャンブル依存症は女性より男性が多く、中年期の年齢に多く見られます。
最初は少しの金額でギャンブルをし、徐々に負けた分を取り戻そうとして多額の賭けをしてしまいます。

そうしたことが繰り返されることで借金を抱えてしまう状態になります。

ギャンブル依存症は決められた診断基準があり、4つ以上当てはまると診断されます。

その診断基準の中には「ギャンブルをやめるとイラつく」「抑うつなどの状態の時にギャンブルをする」などが挙げられています。

もしギャンブルをしないと落ち着かない、ギャンブルの事ばかり考えているという状態の時には精神科を受診することをおすすめします。

ギャンブル依存症を克服するには

ギャンブル依存症かもしれないと悩んでいる方は「何とかこの状態から抜け出したい」と思っているでしょう。

まずは精神科を受診し、医師に相談するようにしましょう。
現在、通院で治療可能なギャンブル依存症専門外来も多くの精神科で開設されています。

また状態によっては入院して治療をするケースもあります。 通院も入院もギャンブル依存症に関する学習や集団生活により克服をしていきます。

仲間がいることでギャンブル依存症に悩むのは自分だけではないということを知り、克服したいという気持ちを強くすることができます。

家族の協力も不可欠です。
「ギャンブルばっかりして困る」と本人を責めてしまうと悪化させてしまうことがあります。

「ギャンブル依存症かもしれないから一緒に受診しよう」と伝えるなど一緒に克服したいという気持ちを持つようにします。

まとめ

ギャンブル依存症を持つ人の中には自殺企図や実際に自殺をしてしまう人もいるそうです。

そうした悲しい結末にならないようしっかりと専門医の治療を受けていくことが大切です。

まずはギャンブル依存症かもしれないと思った時には専門外来を受診してみましょう。


2017年10月13日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop