業務用ドローンが被災地でも活躍 男心もくすぐる?
何かと世間を騒がせることが多いドローン
通販会社などでは業務用ドローンを使用し配達するなどのサービスを行っているところもあります。

一般的なドローンは安価ですが、業務用になると価格が高額になります。
現在では数十万円~100万円するものもあるそうです。

この業務用のドローン。
今後どのような場面で活躍していくのでしょうか。

業務用ドローンの価格とは

業務用ドローンが被災地でも活躍 男心もくすぐる?についてのイラスト ドローンは小型無人機であり、様々な場面で活躍しています。一時期、ドローンが墜落するなどの事故があったため航空法が改正された経緯もあります。

趣味で楽しむためのドローンであれば価格は比較的安価です。安いもので5000円程度、高くても10万円程度です。これは趣味で楽しむだけであればそれほどのパワーを必要とせずに作ることができるため安価に抑えることができるのです。

一方、業務用ドローンでは価格が高くなります。業務用は何かしらの必要性があり作られているもので、、パワーも必要とする場合が多いためです。価格帯としては安くても10数万円からで高価格になると100万円以上になるようです。

価格相当の機能が付いているドローンが多いようで様々な現場での活躍が期待されています。

業務用ドローンの活躍の場

今ドローンが活躍している場と言えば、熊本地震で大きな被害を出した阿蘇付近の空撮ではないでしょうか。人間が近づくことができない土砂崩れの現場へドローンを飛ばし、今の状況を確認する時に使われていました。

さらには、焼津市でドローンを活用した防災航空隊を発足させ、 災害時の被害の確認や山間部などの状況確認などに活用すると言われています。

また、通販などで購入したものをマンションなどの屋上へ届けてくれるというサービスを試験的に行っている企業もあります。

このように民間企業だけでの活躍にとどまらずに、災害時の被害状況の確認や山間部での遭難事故などの時に人間が近づくことができないところにも接近して状況把握ができるドローンは今後どんどん活躍の場が広がりそうですね。

まとめ

ドローンはラジコンのように男性の心をくすぐるようなものであると感じます。
そのため、今回の記事で紹介されていたドローンの練習場もラジコンが好きだった人にとっては楽しめるのではないでしょうか。

また今ではドローンの競技大会も行われているようですよ。
しかし一歩間違えれば事故にもつながることが多いため、ドローンを操縦する人はしっかりと練習をして安全に操縦して欲しいと思います。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop