配食サービス+安否確認で高齢者の見守りを
一人暮らしの高齢者が利用している配食サービス
このサービスは食事の準備が難しい高齢者に対して栄養バランスの取れた食事を自宅まで届けてくれるサービスで、様々な企業がこのサービスを行っています。

その中でおすすめなのが、配食に加えて安否確認を行うサービスをしている会社です。
食事を届けた時に高齢者と対面し、顔色や表情、声の感じから体調などの変化を感じると同時にあらかじめ登録している家族に対し、報告ができるというシステムを開発した会社です。

配食サービスとは

配食サービス+安否確認で高齢者の見守りをについてのイラスト 配食サービスは主に高齢者を対象としているサービスです。一人暮らしの高齢者や高齢者だけの世帯で食事の準備が難しい、火を使うと消し忘れの可能性があるなどの人に栄養バランスの取れた食事を配達してくれるものです。

配食サービスでは塩分制限や嚥下の状態に合わせた食事の提供も行えます。そのため、病気を持った方や食事準備にひと手間かかる時にはとても重宝されます。

食事を配達する際は玄関での手渡しが基本になりますので
ほとんどの場合は 高齢者と顔を合わせることができるので安否確認や体調の確認をすることができます。
また、孤立しがちな高齢者にとって社会とのつながりができるサービスでもあります。

配食サービスと見守り機能のセットで提供

参考記事で紹介されている会社では、独自のシステムを開発しています。
配食に行った際に 直接高齢者に手渡しできたかどうか情報提供できるというものです。

離れて暮らす家族にとって高齢者の確認をすることができる手立ては電話などになりますが、認知症があるなどで電話を使えないという状態であると確認する方法がありません。

そうした時に毎日配食をする時に離れて暮らす家族にメールで安否確認ができるサービスをしている会社はとてもありがたい存在ではないでしょうか。

まとめ

配食サービスは高齢者にとって大切なサービスです。
これから団塊の世代が後期高齢者になった時にはもっと重要視されるでしょう。

地域包括ケアシステムと言われている中で、配食サービスに合わせた安否確認などはこの地域包括ケアシステムの中でも大きな役割を担うのではないかと感じます。

また地域でも孤立しがちな高齢者にとって配食時に顔を見て話をするだけでも孤独感を解消することができると思います。

今回の記事で紹介されている会社のように、>配食プラス安否確認プラスアルファのようなサービス提供ができる会社が増えて欲しいなと思いました。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop