墓はいらない、という選択肢。無宗教だからこそできることは?
信仰している宗教はありますか?

お墓はあるが宗教に関心がなく、無宗教との考え方をする人が増えてきています。
昔のように熱心に信仰する人が少なく、少子高齢化の影響もありお墓が守れない、お墓はいらないのではないかと考える人も出てきました。

お墓がいらなくなる原因

墓はいらない、という選択肢。無宗教だからこそできることは?についてのイラスト 最近多いのは住職から寄付や管理費、お布施など金銭を求めることが増えたことでお寺も商売をしているように感じる人が増えてきたことが原因に挙げられるかもしれません。

昔のように熱心に信仰している人であれば一生懸命にお寺へ協力できるのですが、あまり信仰していなくただお墓があるだけの付き合いの人はあまり有り難い行動と感じることができなくなってしまいました。

そのためお寺の金銭要求が商業的に見えてしまい、無宗教で自分たちのやり方で弔うことができるならお墓はなくてもいいのでは?と考える人が出てきました。

そして次に多いのは子供が地方へ行き高齢の親だけになったり、子供がいない独身の人が増えたことでお墓を守る人が不在となったことです。

お墓の管理にはお金がかかりますので、簡単に継続することは難しく、自分たちの代でお墓問題を解決しようとする人が後を絶ちません。

お墓の管理とは?

お墓を管理する人のことを継承者と言います。

継承者はご先祖の供養や法要の営みとお墓の維持管理をしなくてはいけません。

だいたいのお墓はお寺や共同墓地などにありますので、お寺がお墓の管理を継承者に代わってしてくれます。
継承者はそのお礼としてお墓の管理費をお寺に収めることが必要です。

値段はいろいろですが年間1万円~8万円と場所に応じて値段に差が出ています。

このようにお寺にお墓を管理してもらっている場合、大半がお寺の檀家になっていることが多く、管理費以外でもお布施やお寺の改修等あれば寄付を支払うことが求められます。

金銭的な負担だけでなく、お寺が主催する法要等にも積極的な参加を求められることもあります。

お墓の管理とは責任だけでなく時間的にも、金銭的にも負担を背負うことになり継承者への負担が大きいことからお墓はいらないのではないかと考える人が増えてきました。

お墓をなくすには・・・

お墓を処分することを墓じまい又はお墓の引っ越しとも言います。
今ある遺骨を回収し、お墓を撤去します。

この時に必ず遺骨の行き場所を先に決めておくことが前提です。
永代供養や納骨、散骨、ダイヤモンド葬など方法はいろいろありますし、専門の業者もいますので気になる方は相談してみるのもいいかもしれません。

お墓の撤去が済んだら土地を清めて終了です。

お墓を処分することはとても勇気のいることかもしれませんが、特に信仰していない無宗教で継承者がいないなど将来無縁仏になるくらいなら思い切って処分することも一つの方法かもしれません。

先のことをよく考えてみて下さい。


2016年12月7日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop