発酵食品の驚くべき効果効能!長生きするには発酵食品が大切!
発酵食品効能効果には驚くべきものがあります。
あるテレビ番組で健康な高齢者に対して食事の調査をしたところ、約9割が食べていたものが発酵食品だったのです。

発酵食品とは味噌や醤油、漬物、納豆などですが、日本では昔から当たり前のように食べられていたものでもありますよね。
健康で長生きをするためには今日の食事から発酵食品を取るように意識していくといいかもしれません。

長生きをするには発酵食品が効果的?

健康で長生きをするということは介護を必要とせずに長生きをするとも言い換えることができます。
介護が必要となるのは認知症や脳血管疾患などによる身体機能の低下などが挙げられます。
また骨粗しょう症も骨折しやすく、寝たきりになるリスクも高くなるため、予防する必要があります。

発酵食品を毎日食べている高齢者は健康で長生きしているという調査結果があります。
発酵食品とは味噌や醤油、漬物、納豆などがありますが日本人にとってなじみのある食品ばかりですよね。

昔ながらの食事が習慣化している方は健康で長生きしていることが多いのではないでしょうか?

発酵食品がなぜ効果的なのか?

発酵食品は原材料を発酵させて作られたものです。
例えば味噌や醤油、納豆は大豆を発酵させて作ったものですが、大豆を発酵する過程の中でビタミンBが増え、ビタミンKが生成されるため、通常の大豆を食べるよりも栄養が豊富になります。

また発酵することで栄養素が体に吸収されやすくなるとされていることからも発酵食品の効果が分かります。

ちなみにヨーグルトも発酵食品で毎朝ヨーグルトを食べるという方もいますよね。
アメリカで行われた研究では毎日1回ヨーグルトを食べている人は糖尿病の発症率が18%低いという結果が得られています。
またヨーグルトは腸内環境を整えてくれる効果があるため、免疫力を上がり、風やインフルエンザにかかりにくい体を作ります。

まとめ

醤油や味噌は毎日の食事の中で必ずと言っていいほど取り入れている方も多いですよね。
昔からなじみのある味であり、口にするとほっとします。
こうしたなじみのある発酵食品を取り入れていくことで健康な体を作ることができるのであれば、今日から取り入れたくなりますよね。

ぜひ毎日の食事の中に発酵食品を取り入れていきましょう。
また1日1回ヨーグルトを食べるようにすると腸内環境も整って便秘も改善するかもしれません。
便秘でお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか?


2017年11月22日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop