反射板エコバックの効果で交通安全対策!
交通安全対策に反射材きエコバックを大手スーパー協賛で販売することとなりました。
反射材は、交通安全にどれほどの効果を発揮するのでしょうか?

高齢者の交通事故について

反射板エコバックの効果で交通安全対策!についてのイラスト 高齢歩行者の交通事故については、特に夕方の薄暗くなってからが多くなっています。 夕暮れ時というと、走行車両の増加は一番ですね。また、歩行者も運転者も急いでいる事が多いのも原因かもしれませんが 交通事故の「多発危険時間帯」です。

最近では 高齢者が加害者側の事故も少なくありません。 注意力が散漫し、アクセルとブレーキをうっかり踏み間違えておこってしまった事故など 高齢者独特の理由が事故原因にあげられています。

世間からは、免許返還を強制的に行ってしまうべきなどの声もあがっておりますが 免許を返還することで、移動手段がなくなってしまうことを懸念してなかなか返還に踏み込めない高齢者が多いのです。

どうして高齢者は事故に巻き込まれやすいか

まず、高齢者の服装にも関係してきます。

黒っぽい服装が多い高齢者は、夕暮れ近くになると見分けがつき難い場合もあるようです。
思い浮かべてください。 黒いズボン×グレーのシャツ×黒の靴。グレーのズボン×黒とベージュのプリント上着×濃茶の靴。 おまけに黒い帽子と着たら、夕闇に溶け込みそうですね。運転手っから見ても同化して見えてしまいそうです。

視力の衰えも原因です。
コントラスト感覚が加齢と共に衰えますから、暗がりで車の近づくのに気づきにくくなります。

とっさの行動も遅くなります。
「あっ!」と思ったときに飛びのく事ができません。反射神経の減退はどうしても否めないのです。  

反射板の効果とは?

今回売り出されるエコバックに取り付けられている反射材は 「夜間、57メートル先でもドライバーが視認できる」という日本反射材普及協会の認定商品です。

ライト点灯車は歩行者から見えますが、反対のドライバーからは歩行者が見えにくいのです。
また、暗い道に暗い色の服を着て歩いていても、暗闇と同化してしまい気付けないことが多いのです。

この反射板を利用することで、車のライトが反射板で反射し、夜間の歩行中ドライバーから見えやすくなります。 警察庁では、反射材を着けている歩行者は 着けていない歩行者の2倍以上、手前で発見できることがわかったと発表しています。

まとめ

交通事故に高齢者が会わないように、こんな商品が開発されました。

夕方の買い物にはみんなで持ちたいですね。 事故防止のために、現在お持ちのものに取り付ける手間もかからず、必ず持っていくものですからいいですね。

「お母さんありがとう!いつまでも元気でね」そんな想いをこめてプレゼントできればいいですね。
参考元:警察庁ホームページ


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop