歯を大切に。認知症と歯には深い関係が?
認知症と歯には深い関係があります。
実はこの2つの関係を研究している医師によると、歯を抜く、神経を抜く、歯を削るなどの治療を受けると体全体に影響を受けるということが分かっているのです。
特に歯と関係が深いのが認知症とされています。

上記のような歯科治療により、噛む力が低下するなどによって脳への血流が悪くなり、認知症のリスクになるのです。
このことによる研究も進められています。

歯の治療による影響

歯を大切に。認知症と歯には深い関係が? 虫歯になった時など歯科で治療を受けますよね。
虫歯であれば削る、神経を抜く、ひどく進行していれば歯を抜くなどの治療になるのですが、これらが認知症や糖尿病、心疾患などの他の病気のリスクが高くなるとされています。

認知症に関しては歯と深い関係があることが分かっています。
食べ物を噛むという動作は脳への血流を良く効果があります。
そして記憶を司る海馬という部分を活性化させると考えられています。

このことから歯の治療により本来の機能が低下することにより認知機能が低下する可能性が高いと言えます。

実際の研究で分かったこと

ある大学の教授らが、実際に70歳以上の高齢者を対象に歯と認知症の関係について調査しました。
対象者は70歳以上の高齢者1167人です。
最初に認知機能を点数化し、合わせて歯の本数もチェックしました。

その後、認知機能が正常と判断されたグループの残歯の数の平均は14.9本でした。
他、認知症予備軍と診断された人は13.2本となっています。
また認知症の疑いがあると診断された人の平均は9.4本となっています。
そして噛み合わせが悪い場合も脳の活性化ができていないことが分かっています。

食べ物を噛む時には歯だけを使うわけではありません。
歯そのものと歯根膜という膜が食べ物の硬さや温度、味などを判断します。
そしてそれらが脳へ情報として送られることにより、刺激となるのです。

まとめ

自分の歯がなくても入れ歯があれば大丈夫と思っている方もいるかもしれません。
しかし自分の歯に敵うものはありません。噛む時の力が変わってきます。
いつまでも元気に過ごしたいと思っているのであれば、体調管理はもちろんですが、お口のケアもしっかりとして虫歯などのトラブルがないようにしていきましょう。
それが認知症を始めそのほかの病気を予防する大切な役割になります。

ぜひ今日から歯磨きに力を入れ、虫歯がないようにしていきましょう。
また定期的に歯科での検診を受けるようにすることも心掛けていきましょう。


2018年2月2日 17:00



  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop