冷え性が病気に直結!?改善法で病気を克服しよう!
冷え性でお悩みの方、いらっしゃいませんか?この時期手足が冷えてつらいという方、多いようです。
冷え性でお悩みの方、改善法を知り日常生活の中の習慣や食事などを意識していきましょう。

冷え性は身体の血行が悪くなるため、身体の冷えの他にむくみや頭痛、肩こりなども生じ、身体全体の不調を引き起こしてしまいます。
そうした状況を改善し、不快な症状がないようにしていきましょう。

冷え性とは

冷え性が病気に直結!?改善法で病気を克服しよう!についてのイラスト 冷え性とはどのような状態なのでしょうか。

冷え性と呼ばれる状態とは身体自体は温かいのにも関わらず、手足の末端や腰、腹部などが冷えていることを指します。
そのため暖かい部屋にいるとしても上記の部位が冷えているために寒く感じてしまいます。

「冷え性だから大丈夫」と放置してしまうと、肩こりや頭痛、倦怠感、不定愁訴のような症状が生じ、自律神経にも影響を及ぼしてしまうことになります。

また糖尿病を抱えている患者さんでも手足の冷えを感じることがあります。
これは糖尿病による手足などの神経障害や血流障害により冷えを感じるようになります。

この状態になってしまうと糖尿病が進行している状態と言えます。

冷え性を改善しよう

冷え性の改善には食事などの日常生活の中で生活習慣を改善していくことが大切です。
食事では身体を温める効果がある食材を積極的に取り入れていくようにしていきましょう。

例えばしょうがやにんにく、唐辛子のような香辛料、ニラやネギ、白菜などの野菜が挙げられます。

この時期は気温も低いこともあるため、これらの食材を使った鍋にして汗をかきながら食べるのもおすすめです。

また頭と足を冷やさないようにしましょう。首元も冷えないようにすることが大切です。

特に仕事をしている時は冷えやすい状態です。
靴下を履くなどして温めるようにしていきましょう。

そして入浴にも気を付けましょう。
忙しいからとシャワーだけで済ませている方もいるのでは。

しかしシャワーだけでは身体の芯まで温めることができません。
そのため、湯船にゆっくりと浸かり、じっくりと身体を温めましょう。

まとめ

冷え性は女性に多いと思われていますが、実は男女関係なく起こるものです。

そのため男性でも手足が冷たいと感じている方は冷え性かもしれませんので、食事など日常生活習慣を気を付けていきましょう。

身体の不調の原因にもなる冷え性です。
特にこの時期は気温も低く、冷えを感じやすい状態です。

身体を芯から温めるような生活習慣、していきませんか?


2017年4月2日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop