避難所内で食中毒の危険性 菌が繁殖する時間とは
今年も「食中毒」の発生が懸念される季節がきました。
特に熊本地震の避難所においては心配ですね。

気象庁では今年も猛暑 といっていますので「高齢者の人たちの脱水症」も注意が必要です。
食中毒は気温と湿度が一番の危険条件です。

これから梅雨に差し掛かります。
食べ物の放置などはやめましょう。

また調理後の時間経過による菌の増殖も危険です。
では、今回は、これから多発すると思われる食中毒についてお話しします。

熊本県の避難所の危険

避難所内で食中毒の危険性 菌が繁殖する時間とはのイラスト 最近急に猛暑が日本列島にやってきました。熊本県の避難所でも食中毒への危険が考えられ、早急な対応に心がけています。

賞味期限の厳守や水分補給を呼び掛け、高齢者対象にスポーツドリンクを配布し脱水予防にと取り組んでいます。

食中毒への対策もされ、アルコール消毒、賞味期限の厳守、危険性が低い食事をと注意しています。

炊き出しも作ってから時間がたつと食中毒の危険があるため、作り置きの時間を短くしています。
食中毒は、抵抗力や体力が無い高齢者や子供に被害をもたらしますので、細心の注意が必要です。

食中毒について

小さくて目では見えない「細菌」や「ウイルス」で食中毒は発症します。

細菌は、条件が完備されれば食物の中で増殖し、それを食べると食中毒を引き起こします。
その条件は温度や湿度です。 これらの細菌は夏場(6月~8月)に多発します。

室温で増殖しはじめ、体温程度で増殖は加速されます。例えば、近年騒がれたO157やO111は、7~8℃から増殖し35~40℃で最高の増殖環境となります。
細菌は湿気を好むため、梅雨頃になると食中毒が増加してしまいます。

ウイルスは、細菌と違い食物の中で増殖しません。
食べた人の体で繁殖します。

その条件は低温や乾燥です。
冬場(11月~3月)になると騒がれたのがノロウイルスですね。
この食中毒の原因は、調理者からの感染の場合が多く、 食物としては二枚貝に多く生息してます。

大規模な感染が多く、食中毒患者数は年間の半数以上がノロウイルスといわれています。
このように違いがありますが、食中毒は年中発生しているのです。

細菌性食中毒は「感染型」と「毒素型」に分けられ、それぞれで潜伏期間も異なります。
これらの菌にはどのような違いがあるのでしょうか?。

まとめ

同じものを食べたからといって、よほど強い菌で無いと全ての人が食中毒になるとは限りません。
その時の体調も関係します。

しかしここでも、弱者といわれる高齢者や子供たちの犠牲が発生してしまいます。
まずは「手洗い」を心がけましょう。
そして、食品の保管には十分に気を配り、賞味期限に注意をしましょう。

この時期には特に「生食」は避け、十分な過熱で食べるようにしてください。
また調理器具の洗浄もお忘れなく!

原因菌を知り、潜伏期間や感染経路をつきとめることが重要で、十分に気をつければ防げるものかもしれませんね。 


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop