頻尿の対策方法とは?8回以上の排尿は頻尿の可能性あり!?
頻尿でお悩みの方、何か対策は取っていますか?
1日に8回以上の排尿がある場合には頻尿が疑われます。

頻尿の原因には内服している薬の副作用や膀胱炎などの炎症など様々なものが挙げられます。

原因が分からない頻尿で悩まされている方も多くなっていますが特に若者の頻尿の場合、仕事などのストレスが原因の「慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)」という病気もありますので、頻尿などの尿トラブルを感じたら泌尿器科を受診するようにしましょう。

頻尿などの尿トラブル

頻尿の対策方法とは?8回以上の排尿は頻尿の可能性あり!?についてのイラスト 頻尿とは何度もトイレに行くということです。

しかし尿意を感じてトイレに行っても排尿量が少なく、残っているような残尿感がある場合も多くなるためどうしてもトイレに行く回数が増えてしまいます。

また急に尿意に襲われ、我慢できずに漏れてしまうというトラブルを抱えている方も少なくありません。
そのためパットや紙パンツを使用していることもある方もいます。


男性の場合には加齢とともに前立腺が肥大してしまい、尿道を圧迫するために尿の出が悪く、残尿感がある・実際に残尿があり、排尿した後もまたすぐに尿意を感じるなどのトラブルを抱えやすいとされています。

女性の場合は出産などによる骨盤底筋群のゆるみから腹圧がかかった時に尿漏れが発生するというトラブルが多くなっています。

若者の場合にはストレスや生活習慣の乱れが原因に

若者の場合、ストレスや生活習慣の乱れによる尿トラブルが多くなっています。
このストレスや生活習慣の乱れは膀胱炎や前立腺炎などの原因になります。

そして「慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)」と呼ばれる病気の原因ともなります。

またこれらの病気が原因となって過活動膀胱になることもあります。
これは膀胱内に尿が十分に溜まっていないにも関わらず、尿意を感じてしまうものです。

過活動膀胱には心因性のものもあるため、老若男女問わずに悩まされている方も多くなっています。

尿トラブルの対策は?

1日当たり5~7回の排尿が正常とされています。
しかし水分を多く摂る時期はこれ以上の排尿回数になることもあります。

しかし1日当たり10回以上トイレへ行くという方は一度泌尿器科を受診してみてもいいかもしれません。

また頻尿や尿漏れでお悩みの方向けに専用の商品がたくさん開発され、販売されています。

尿漏れの場合で気になるにおいを抑える商品や薄くて気にならないものなど様々な種類がありますので、自分の悩みに適した商品を使用してみて下さい。


2017年8月9日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop