高齢者の一人世帯、貧富の格差開く?貯蓄二極化!
家族というセーフティーネットが低下し、現役時代の備えが不十分だと、高齢者になって生活が途端に苦しくなります。政府税制調査会が調査した結果、貯蓄高が1500万以上が約33%で300万未満が約25%と極端な差になっている事がわかりました。

年収300万円未満は低所得か

高齢者の一人世帯、貧富の格差開く?貯蓄二極化!についてのイラスト 高齢者の一人世帯は低所得化も進んでおり、年収300万円未満の割合は、94年の74・3%から09年に77・7%へと増えました。「下流老人」という悲しい言葉が最近聞かれるようになりました。経済的に苦しい高齢者が増加しているのが現状です。いま高齢者の20%が水準を下回る所得での生活です。また今後も開く貧富の格差をどう考慮するかが問題です。ですがこの問題はほぼ無理であろうと思われます。有るところには集まり、無いところは…ゼロには何を掛けても増えたりはしません。

年金受給者の受け取り

年金の未納期間が長かったり、現役時代に低所得であったり、結婚などで納めた期間が少なかったり、そんな方は配当される年金額が低くなる可能性もあります。「年金だけでは生活できない」というのが残念ながら日本の現状ともいえます。高齢者にとっての収入は、ほぼ年金を頼りとしている方が多いと思われます。この年金も個々の人生においてどのように生き、どのように収めたかによります。年をとってしまってからしか、政府からの説明がなくまた理解するには難しすぎます。

年収を増額できるのか?

現在の高齢者の財テクは、利息、配当と限られます。但し、それには高額の貯蓄や株を有していなくては始ましません。日本全国の中で、そんな条件を満たしているのは極少数派です。過去に年収が高くても貯蓄をしっかり出来ないと老後の生活は経済的に厳しい状況になる可能性が多いにあるのです。シルバー人材センターへの登録が出来るうちはまだいいが、高齢者にはハードルが高くなります。

家族という単位の考え方の曖昧さ

昔の日本では、子の養育は親の義務・親の介護は子の責務と思われてきました。そこには長男という立場を重んじたからこそあったのです。現在では親世代は親世代での自立が不可欠となります。貯蓄に回すべき金も子供に掛けてしまい、いざ老後を迎えた時には不安が毎日を襲うのが現状です。

まとめ

今の若い世代は非正規で働くひとも少なくありません。将来、ますます老後の生活が危うくなる方が増えていくことが予想されます。防衛策として、個人での「貯蓄をする」「民間の介護保険に加入する」などが挙げられますが、働きたくても働けない方にとっては難しい問題です。国の社会保障対策の行く末がこれからどういった方向にシフトしていくのかに注目が必要です。
参考元: 読売新聞


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop