ひとり死の準備!どういったものが必要なの?
未婚率の上昇に伴い、生涯独身という方も少なくないでしょう。
そうした場合、ひとり死準備を考えておくことが必要です。

「死んだ後のことなんて知らない」「葬式もしなくていい」というような気持ちを考えている方もいるかもしれません。
しかし実際に最期を迎えた時には誰かが手続きなどをしなければなりません。

そのため最期を迎えた後に誰にも迷惑をかけないようにしっかりと準備をしておくことが求められます。

ひとり死とは何か

ひとり死の準備!どういったものが必要なの?についてのイラスト ひとり死という言葉を聞いたことがありますか?

孤独死と似ていますが、独身で身寄りがない人が1人で死を迎えるということになります。

今、家族構成の変化により未婚や独身で生涯を過ごす方も多くなっています。
そのためひとり死の数も増加しており、改めて注目されるようになりました。

1人で生活をしている方の中には「死んだ後の事なんて知らない」「葬式はしなくてもいいからそのままにしておいて」と思っていることもあるでしょう。

確かに最期を迎えた本人は何もしなくていいのですが、手続きなど最期に動かなければいけない人が誰かしらいるのです。

ひとり死の準備

最期を迎えた後に迷惑をかけないようにするためにはしっかりと準備をしておくことが大切です。
しかしどのような準備をしたらいいのか悩みますよね。

ある自治体では増えるひとり死に向けて事業が行われています。

市役所の職員が葬儀や墓、死亡届人、リビングウィルなどについて聞き取りをし、その意思を書面に残しています。
同時に葬儀社とも生前に契約をしておくことで、最期を迎えた後も誰にも迷惑をかけずに対応することができます。


また台湾でも日本と同じようにひとり死を迎える方が増えているため、合同葬などを行い、費用の削減を図っています。
この費用は市民からの寄付によって出されています。

こうした準備を行う中で、自分の周りの人間関係などを見直すきっかけにもなり、改めて自分の人生を振り返るきっかけにもなるかもしれません。

まとめ

ひとり死を迎える方はこれからも増加していくでしょう。
最期を迎えた後も誰にも迷惑をかけないようにするために生前からの準備をしっかりと行うことが大切です。

そのため、最期を迎えた時にどうするのかなどの意思をしっかりと書き残しておくことで、迷惑をかけない最期を迎えることができます。

早いうちから考えておくことに抵抗があるかもしれませんが、人間関係や人生を振り返るきっかけにもなりますので、考えてみましょう。


2017年10月6日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop