身近な人が保証人を立てられない時は?保証人代行団体の存在
身寄りがない高齢者のために保証人代行の団体が日本にはあります。
そのような団体に保証人を依頼する高齢者は家族がいても「迷惑を掛けたくない」などと言う理由で家族ではなく保証人代行の団体に依頼するようです。

特別養護老人ホームを始め、介護施設に入居する際は保証人を必要とする場合があります。
これには体調を崩した場合の対応や最期を迎えた時の対応をする時に必要な身元引受人がいない場合があり、施設側も対応に苦慮するためと考えられます。

しかし本当に身寄りがいない高齢者や家族との関係が悪く身元引受人の依頼ができない人が多くなってきているため、このような身元引受人として契約をする団体がいるわけなのです。

高齢者にとっての保証人

について身近な人が保証人を立てられない時は?保証人代行団体の存在のイラスト 何かを買う時にローンを組む時には場合によっては保証人を必要とする場合があります。
これには支払いが遅れた場合にその保証人に支払いをお願いすることで貸し倒れがないようにしています。

高齢者施設でもローンではないですが同じように保証人が必要になることが多くなりました。
これには様々な理由が考えられます。

まずは支払いの関係です。
入居に関わる料金はもちろん、体調を崩して入院をした場合の医療費の支払いなど様々な支払いがあるでしょう。その時に支配来駕されなければ施設側は困ります。そうならないためにも保証人を求めているのです。

また最期を迎えた時の荷物の引き取りなども施設では苦慮する場合があります。
その場合でもスムーズに荷物などの引き取りができるように保証人を求めるのです。

保証人がいない高齢者

今、日本では高齢化社会が進んでいます。
また少子化も進み、高齢者だけの世帯、高齢者単独の世帯が増えています。

子供がいた場合でも遠くに住んでいたり、お互いの関係が良好でない場合、保証人を依頼することができないことがあります。そして高齢者自身が「子供に心配を掛けたくない」と思い、保証人の依頼をしないケースもあるでしょう。

そうなった時にお金という対価を払えば保証人になってくれる人がいると保証人がいない場合でも
子供に負担を掛けたくない場合で保証人を立てることができるのです。

まとめ

これからますます高齢化が進み、保証人が立てられない高齢者も増えるでしょう。

そうなった場合にお金での保証人契約ができる団体の必要性は高くなるでしょう。
しかし団体によってはこの保証人ということを悪用してしまい、契約した高齢者が何かの被害に合ってしまう可能性もあります。

そうならないためにも何か対策を考え、高齢者にとって不利益のないようなシステムの構築が必要になるのかもしれません。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop