訪問販売を撃退!悪質業者から高齢者を守ろう!
訪問販売で不要なものを買わされた、そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
少子高齢化の日本では、一人暮らしの高齢者が増えています。そんな高齢者を狙った悪質な訪問販売も増えているのです。

今までは悪質な訪問販売を行った会社に対して罰金を300万円以下としていました。
しかし名前を変えてまた悪質な訪問販売を繰り返す乗車が後を絶たないため今回罰金の金額が大幅に引き上げ、悪質業者の撃退に動き出したのです。

悪徳な訪問販売がなぜ後を絶たないのか

訪問販売を撃退!悪質業者から高齢者を守ろう!についてのイラスト 一人暮らしの高齢者は家族と離れて暮らしています。
また身寄りがなく一人暮らしをしているケースも考えられます。

そのような高齢者は孤独感やさみしさを感じているでしょう。

また、家の外へ出ることも少なくなり、閉じこもりがちで誰とも関わらないことも考えられます。

そうした時に、訪問販売が来て親しげに話をして来たら高齢者はどのように感じるでしょうか。
もしかしたら孫に似ているかもしれません。

もしそうだとしたら高齢者は嬉しくなるでしょう。
そして「孫のためなら…」と思ってよくわからないまま契約をしてしまうかもしれません。

悪質な訪問販売のターゲット

悪質業者は訪問販売のためにっ子の家に訪問した際に、説明を適当にします。
そして話術はあるのでうまく話をして気を引きます。

気を引いたところで得意の話術で気持ちを乗せ、契約に持っていきます。

そしてその時にクーリングオフの話はしません。

訪問販売の被害にあう高齢者は一人暮らしの方が多いのですが、家族と同居していても被害にあいます。
その場合は被害にあったことを家族に伝えるのは恥ずかしい、怒られるかもしれないと感じ、隠してしまっていることもあります。

また床下などに入り「シロアリがいます」「湿気で腐っています」など不安を煽り契約させる業者もあります。

まとめ

どうやったら訪問販売を撃退し、被害を防ぐことができるのでしょうか。
一人暮らしの高齢者に関しては家族の見守りは難しい場合があります。

離れて暮らしている場合は特に難しいでしょう。
そのような時は地域の中での見守りを行いましょう。定期的に「困っていませんか」と声をかける、何か「変だな」と思ったら行政に相談するなどできることはたくさんあります。

また高齢者自身にも訪問販売が来ても対応しないなどの撃退方法について勉強会を行うことも必要なのではないでしょうか。
知識があるのとないのでは対応に大きな差が出ます。

地域で見守ることで安心して高齢者が暮らしていけるような世の中になるといいですね。


2016年7月18日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop