訪問看護ステーション運営開始!医療保険・介護保険の適用は?
高齢者が住みなれた地域で終末期を迎えるために、どうしても必要な訪問看護です。
そのためには多種な医療スタッフと 医師の連携で行う、訪問看護ステーション運営は不可欠です。

では訪問介護でどのようなことが、どこまで出来るのか、また どうすれば使えるのか、医療保険介護保険などについて知ることから始めましょう。

訪問看護ステーションとは

訪問看護ステーション運営開始!医療保険・介護保険の適用は?についてのイラスト 在宅での療養生活へのケアとアドバイスを支援するサービスを運営するところです。 さまざまな在宅におけるケアサービスを、医療機関との連携で行う機関です。

こちらでは医師からの指示により看護師等を派遣します。れらのさまざまな在宅におけるケアサービスを、医療機関との連携で行う機関です。 この訪問看護ステーションにはどのような職種の方がいらっしゃるのでしょうか。

では、訪問看護にはどんなサービスがあるのでしょうか?

・療養生活におけるお世話:入浴などの体の洗浄、食事や排泄などの指導と介助。
・医師からの指示の医療処置:あくまでも医師の指示に基づきます。点滴とかもそうですね。
・病状のチェック:血圧、体温、脈拍などのチェックです。
・リハビリテーション:機能回復などを含み、嚥下機能訓練など。
・ターミナルケア:終末期の在宅患者さんへの処置等
・在宅家族への相談やアドバイスなど

「看護師」「准看護師」「保健師」「助産師」「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」といった方がいます。その必要な職種の方が各家庭を回り医療処置や生活の援助、家族の相談などに従事します。

医療・介護保険の制度の違い

そもそも訪問介護サービスは、病気の人や障害のある人が利用できるサービスですが、保険は適用になるのでしょうか。

はい!誰でも利用できます。
医療保険の場合は、高齢者だけではなくて年齢に関係なく赤ちゃんも同じように利用できます。
ではどのような手続きが要るのでしょうか。
とにかく「かかりつけ医」に相談するところから始まります。

かかりつけ医の作る「訪問看護指示書」からサービスが始動します。
介護保険の場合はどうでしょうか?こちらも「かかりつけ医」に相談するところから始まります。
「訪問看護指示書」によってサービスが始動する点は同じです。
ただし、こちらの介護保険の場合は「要支援」「要介護認定」が基本的に必要となります。

この場合はケアマネージャーに相談してください。
計画に訪問看護を 組み込んでもらわないとなりません。70歳以上の場合は1割の負担となります。

「地域包括ケアシステム」の推進

看護師不足で閉鎖になった療養病棟などの患者さんは、行き場がなく在宅となっています。
今後の政府の指針である「地域包括ケアシステム」は住み慣れた地域で終末期を過ごすというものですが 家族だけでは到底負い切れるものではありません。

医師と看護師との連携された訪問看護ステーション利用の、 支援サポート体制が不可欠です。

療養施設もダメ、施設も受け入れてもらえない、そんな重症な高齢者を抱えるご家族に取っては、頼みの綱が訪問介護です。

まとめ

いかがでしたか?
ますます高齢化が進む昨今です。
超高齢化社会と予測される2025年は目の前です。支援体制の充実が急務となっていながら、 人員不足などで閉鎖になる病院や施設がでてきているようです。

そういった今こそ、こんな訪問看護ステーションは重要となってくるのではないでしょうか。
新たなシステムなど知らないことがたくさんでてきますね。

訪問看護ステーションを開設するためには、費用がかかります。この費用を各自治体だけでは困難な場合は政府も支援を検討するべきではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop