目安はどの程度?訪問介護の回数について。
訪問介護を利用する場合、回数の目安はどれくらいか分かりますか?
とはいっても介護状態や家庭の状況など様々な状況によって回数は変わってくることもあり、目安は何日とはっきり言えないのが現状です。
しかし高齢化もあり、介護費などの社会保障費が増大していることで国側はサービスの縮減を検討しています。
検討では100回を目安にしていますが、1日3回訪問介護を利用すれば月100回程度になります。
必要があり訪問介護を利用しているため、そうしたことを理解することを国には求めたいですよね。

訪問介護の目安はどれくらいなの?

訪問介護を利用している時に、どれくらいの回数が目安なのかと考えたことがありますか?

訪問介護を利用する方の状態や介護者の状況、他のサービスとの兼ね合いなどを考えた時に、一概に目安は〇回と決めるのは難しいことです。

しかし国は増大する社会保障費を削減しようとしており、実際の利用者を調査し、月100回程度は多すぎるのではと疑問を呈しました。
月100回というと毎日3回訪問介護を利用することで達する回数です。
毎食時の介護などをしていることでこの回数になります。

そう考えると月100回が多いのか少ないのかはっきり分かるような気がします。

必要だからサービスを使っている

訪問介護は在宅で生活している方たちが利用するサービスです。
まひや認知症があるために日常生活の介護を必要とする方たちが訪問介護を受けています。
在宅での生活を継続していく上では欠かせないサービスです。

訪問介護の利用回数を減らしなさいと一概に言われたとしたら、在宅での生活が難しいケースも多くあります。
家族の協力を得て訪問介護の回数を減らすようにとされても家族が遠方に住んでいる、仕事をしているなどの理由で難しいことがあります。

では施設にと思う方もいますが、在宅で生活をし続けたいと思っている本人の気持ちや金銭面で余裕がないというようなことがあれば簡単に施設には入れません。
訪問介護の利用が多いとしても決して無駄ではありません。
そのことをしっかりと理解するべきです。

まとめ

社会保障費の増大は、高齢化や長寿化の影響があります。
国としても財政を何とか確保するために訪問介護などを始めとする介護サービスにメスを入れていくのですが、そうしたことで必要なサービスを受けることができない人も出てくるリスクがあります。

在宅生活を進めている一方、サービスの制限をするとなると必要な介護を受けることができない人が増加してしまいます。
そうしたことを防ぐためにも国で検討する時には介護の経験者からの生の声をしっかりと聞いて欲しいと思います。


2017年11月23日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop