訪問入浴時、医療行為が生じる可能性はあるの?
3人1組で利用者の自宅を訪問し、入浴を提供するのが介護保険サービスである訪問入浴です。
その際、看護師も1人以上同行するのですが、入浴前の体温や血圧などの測定を行い、入浴を安全にできるかどうかの判断をします。

しかしそれ以上の医療行為はしないとしている事業所がほとんどです。
この医療行為の可否については事業所の解釈もあるのですが、訪問入浴が介護サービスに位置付けられているということも関係しているようです。

訪問入浴とはどんな介護サービスなの?

訪問入浴時、医療行為が生じる可能性はあるの?についてのイラスト よく街中を「訪問入浴サービス」と書かれた車が走っているのを見かけませんか?
訪問入浴は要介護者の自宅を訪問し、入浴を提供する介護サービスになります。

訪問入浴は組み立て式の浴槽を持参し、入浴車に乗せたボイラーでお湯を沸かして要介護者の入浴をします。

入浴前には体温や血圧などを測定し健康チェックを行い、安全に入浴できるかどうかを確認します。
そして洗髪や洗体を行っていきます。

寝たきりなどの理由で在宅ではなかなか入浴ができないという場合に利用されるサービスです。
皮膚の清潔を保つ目的や気分転換を図る目的があり、褥瘡の予防にも効果的です。

訪問入浴の時の医療行為はどうなるの?

訪問入浴時に医療行為が発生したら同行している看護師が実際に行うのかどうかについて疑問を持っている方がいるかもしれません。

例えば褥瘡の処置や吸引などを行う必要がある場合に訪問入浴の看護師が行ってもいいかということに関しては積極的に行うとしている事業者は少ないようです。

訪問入浴は介護サービスの位置付けになっています。
そのため医療行為を含んでいないと解釈されています。


このことが訪問入浴の看護師が医療行為をしない背景にあるのではないでしょうか。

看護師ならば医師の指示の下で医療行為を行うことができます。

訪問入浴の看護師に対して医師の指示があるわけではないため医療行為を行うことはできないとされているため、もし褥瘡の処置などの医療行為が必要なのであれば訪問看護が介入するということになります。

まとめ

訪問入浴には看護師が同行するため、何か医療処置があっても安心と考えているかたもいるでしょう。
しかし法律では訪問入浴の看護師は医療行為をすることができないため、訪問看護を利用するのがベターです。

医療行為に関しては担当のケアマネジャーなどと相談して訪問入浴のサービスを受ける要介護者が安心して安全に入浴できるようにしていきましょう。


2016年12月9日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop