訪問歯科のメリット!利用すれば生活はどう変わる!?
訪問歯科をご存知でしょうか?
訪問歯科のメリットは通院が困難でも歯科診療を受けることができることです。

特に要介護状態の方を始め、認知症の方でなかなか歯科を受診することが難しい方でも自宅や施設で通常の歯科受診と同様の治療を受けることができます。

また歯科の専門家である歯科医師や歯科衛生士による口腔ケアを実施することで食事量が増える、誤嚥性肺炎を予防することができるというのもメリットになります。

訪問歯科とは何か

訪問歯科のメリット!利用すれば生活はどう変わる!?についてのイラスト 要介護状態、認知症である方が口腔内のトラブルがあった時にどうしたらいいのか悩みますよね。

そうした時に利用できるのが訪問歯科です。
訪問歯科は歯科医師と歯科衛生士が自宅または施設まで訪問し、通常の歯科と同じような治療を受けることができるものです。

虫歯の治療や義歯の調節、口腔内のトラブルに対するケアなど様々な治療やケアを受けることができます。
なかなか家族や施設職員では手の届かないところまで口腔ケアをしてくれるため、お口の健康のためにとても効果的です。


かかりつけの歯科でも対応してくれるところがありますが、まだまだ訪問歯科に対応していない歯科もあります。

もし利用したい場合にはお住まいの地域の歯科医師会に相談してみるのをお勧めします。

訪問歯科のメリットは?

要介護状態の方や認知症の方は口腔内のトラブルがあっても訴えないことがあります。

そして家族としてもトラブルに気付いた時にどうしたらいいのか悩んでしまいます。
こうした時に訪問歯科を利用することで口腔内トラブルを解消することができます。

例えば口腔ケアが不十分で不潔な状態である場合、その繁殖した菌を飲み込むことで誤嚥性肺炎を起こしてしまうリスクになります。
一方、訪問歯科を利用し、専門家による口腔ケアを継続して受けることで清潔な環境になり、誤嚥性肺炎を予防することができます。


また清潔な口を保つことは食事をおいしく感じるようになるため、経口からの食事量も多くなります。

ケアを受けなければ、食事をしてもおいしくないと感じ、徐々に食事量が減少し、体力も低下してしまいます。

まとめ

訪問歯科を利用することで口腔内の環境だけではなく、身体全体の状態が良くなるケースも多く報告されています。

中には嚥下機能が向上するようなケアに力を入れている歯科もあり、介護業界からも注目されています。

いつまでもおいしく食事を口から摂ることができるようにするために口腔ケアはとても大切なことです。
専門家の力を借りつつ、いつまでも口から食事を摂ることができるようにしていくことも大切ですよ。


2017年10月1日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop