福祉避難所の課題を乗り越える!ホテルなどの宿泊施設も指定へ!
福祉避難所が不足しているという問題があります。
昨年発生した熊本地震でも福祉避難所が不足していたため、要介護者を始め妊婦や高齢者などの災害弱者と呼ばれる人たちの避難受け入れができませんでした。

また福祉避難所はバリアフリー化などの課題もあります。
静岡県では災害時にホテルなどの宿泊施設を福祉避難所として指定するモデル事業の方針を固めましたが、関係団体からは懸念が続出しています。

福祉避難所とは

福祉避難所の課題を乗り越える!ホテルなどの宿泊施設も指定へ!についてのイラスト 福祉避難所という避難所をご存知でしょうか?

実際に正しく認知されていることは少なく、福祉避難所の対象となっている方々も自分自身が住む地域のどこに福祉避難所が設置されているのか分からない、というケースもあるようです。

災害などが生じた時に通常であれば小学校などの公共の建物などが避難所として開設されます。

しかし校舎や体育館はバリアフリー化されていないところも多く、障害を持つ方や高齢者、妊婦などの場合は避難生活が難しい状況になります。

そうしたことを解消したものが福祉避難所です。
学校なども対象となりますが、高齢者施設などのバリアフリー化が進められている施設が福祉避難所としての指定を受けていることが多いです。

宿泊施設を福祉避難所へ…デメリットは?

数が不足している福祉避難所ですが、今回静岡県下田市ではホテルや民宿などの宿泊施設を福祉避難所として指定する方針を固めています。

宿泊施設は寝具などが完備されていますので、災害時にも対応はできますが、バリアフリー化が進められているところだけとは限りません。

そうした懸念が宿泊施設側から続出しています。

併せて福祉施設のように介護な度の専門職が常にいるわけではありません。
もし災害時に福祉避難所として開設し、介護が必要な方々が避難してきた時に対応が難しいでしょう。

また宿泊している他の方に対してもフォローが必要となり、対応が難しいとされています。

課題を解消するには

宿泊施設を福祉避難所として指定をする場合、災害時にしっかりと介護職などの専門職が派遣され、従業員の不安がないようにしなければなりません。
このことは自治体が中心となって行わなければならないと言えます。

日本は地震が多く、他の自然災害も起こりやすい国です。

そのため福祉避難所の指定と円滑な運営が求められますが、併せて自分たちでも福祉避難所の意味を知る、もし災害があっても福祉避難所より先に通常の避難所へ行くということを意識しておくことも大切なこと言えます。


2017年2月24日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop