復職元教師に一部試験免除の優遇策を!
元教師の復職について栃木県教育委員会では介護に加えて育児、転勤まで枠を広げ一部試験免除と優遇することとしました。これは、教師不足が原因です。一昔前までは、なりたくてもなれない教師でしたが、昨今ではここでも人材不足が嘆かれています。現代は優秀な教員の復職を求められています。

なぜ不足状況に陥ったのか?

復職元教師に一部試験免除の優遇策を!についてのイラスト まずはじめに、優秀人材不足についてを考えてみましょう。昔は聖職といわれた教師ですが、現代において、一部では教師による不祥事も後を絶たない現状です。現在の教師の中には、子どもに対して理解不足であったり、教師という仕事に対してやりがいや意識が低い者がいることは否めません。そして、不祥事は広くマスコミなどで公表され国民の厳しい制裁が下ります。もちろん当然のことではありますが、ちょっとしたことでも取り上げる「モンスターペアレント」なる言葉まで出来上がり、マスコミでは必要以上の取り上げ方もしました。こんな状況では、教師に対する憧れも少なくなってしまうかもしれません。

介護での離職者

教師の離職理由として、介護問題も挙げられます。教育という仕事以外にも雑多な用が多い教師の仕事においては介護との両立はかなり困難です。時間的にも退社時間も特に定まることがなく、いつ何時も生徒たちのことを気にかける仕事です。また、介護の時期は期間が定まらないため休職ではなく退職ということになってしまったのではないでしょうか。残念なことに介護が終了しても復職の再試験は結構ハードルが高くなっている現状です。

元教員採用について

今後団塊の世代といわれた人たちが、次々と退職時期に来ています。ベテランの教師が絶対数不足してきます。若い人生経験が浅い教師には対処方法がわからないことも多々あるかと思います。また、小学校教員に関しては教育課程を必要とし他種の教科を受け持つことにもなります。学業だけにとどまらず、生活面での指導も教師には科されます。人間形成にも大きく関わる学校生活における問題はかなり複雑に変化しました。そこには社会の状況が変化し、子ども自身のおかれた立場も微妙に変化してきていることもあります。そんな時には、やはり経験の多いベテランの教師が必要なのではないでしょうか。

今回の措置のメリット

介護や子育てといった理由で退職していた方は、一様に子供との接点が沢山あった方々です。また、介護のために退職された方は、高齢者のことを思う心が引き金となっています。子育ての理由の方は、子供に対する愛情に溢れた方です。そんな方々に子供を育ててもらえることはありがたいことといえるのではないでしょうか。そういった方々が復職できるためにも、一部免除は有効な措置といえるのではないでしょうか。

まとめ

教師に魅力を感じなくなった若者は、他種への就職活動に邁進します。優秀な人材確保が益々難しくなります。やがて、教育の質は低下していくかもしれません。実際、教員採用試験の受験者数は年々減少しているようです。これからの未来の日本を作る子供のためにも、教職者の質の向上と人材確保を行っていくべきではないでしょうか。
参考元:朝日新聞


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop