フレイルの評価基準!どこからがフレイル?その基準は?
皆さんはフレイルという単語を聞いたことがありますか?
またフレイルの評価基準を知っていますか?

フレイルとは「虚弱」「老衰」「脆弱」などの意味を持ち、海外の老年医学の中の考え方を日本語に訳したものです。
高齢化社会が進む日本ではフレイル状態にならないよう、要介護状態になるリスクが高いフレイルを予防する取り組みを行っています。

フレイルとは何か

フレイルの評価基準!どこからがフレイル?その基準は?についてのイラスト フレイルとは何かご存知ですか?

このフレイルはもともと海外の老年医学の考え方になります。
日本語訳すると「虚弱」「老衰」「脆弱」などという意味になります。

厚生労働省が考えるフレイルとは「加齢とともに心身の機能が低下し、複数の慢性疾患も相まって生活機能が障害され、心身の脆弱性が出た状態」「この状態でも適切な介入によって生活機能を維持・回復できる状態」としています。

これを総合すると「健康な状態と日常生活に支援が必要な要介護状態の中間」と言えます。

フレイルは高齢者に多く発症するとされ、要介護状態になるリスクを高めてしまいます。

そのため早期発見・早期に適切な介入をすることが求められています。

フレイルの基準は

フレイルの基準は5項目あります。
この5項目のうち3項目に当てはまる場合、フレイルと診断されます。

1つ目は体重減少です。
年間4.5kgまたは5%以上の体重減少があることです。

2つ目は疲れやすいことです。
何をするのも面倒だと思う日が週に3~4回ある場合です。

3つ目は歩行速度の低下、4つ目は握力の低下、5つ目は身体活動量の低下になります。


もしこの5項目のうち3つ以上当てはまるフレイルになってしまうと要介護状態になるリスクが高くなる他に、死亡率の上昇や身体機能の低下につながります。
そして体力も低下している状態であるため、病気になりやすい状態にもなります。

まとめ

フレイル状態になると身体機能の低下はもちろん、体力の低下など要介護状態になるリスクがとても高くなってしまいます。
そのためフレイルにならないように意識をしていくことが求められます。

日常生活の中でできることは食事をバランスよく食べること、運動を行うことなどが挙げられます。
肉や魚を健康のために控えているという高齢者も多いのですが、それでは身体に必要な栄養素を摂ることができません。

また自宅にこもりがちな方もいるでしょう。
しかし身体を動かさなければ筋力や体力が低下してしまいます。

そうしたことを防ぐためにも毎日少しずつ運動をするようにしていきましょう。


2017年8月17日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop