夫婦で家事を分担することの大切さ!現代の問題に対処を!
「家のことは妻がするのが当たり前」という考えを持っている方、いませんか?

しっかりと夫婦家事分担を決めておき、男性も家事ができるようになっていなければ妻に何かあった時に男性が1人で生活するのは困難になってしまいます。

男性も家事に対して積極的になるためには様々な制度の改革も必要ですが、まずは夫婦でしっかりと話し合い、協力し合うようにしていくことが大切です。

今の日本の問題とは

夫婦で家事を分担することの大切さ!現代の問題に対処を!についてのイラスト 女性の社会進出や社会での活躍に関して政策に盛り込まれているため、女性が仕事するということに対する風当たりは以前より弱まってきています。

しかし働く女性が置かれている現状はまだまだ厳しいものです。

共働きをしていたとしても家事や子育ては女性がするもの、と思っている男性や社会の考え方があるため、仕事をしながら家事や育児に追われている女性が多いのが現状です。

そのため女性の負担は大きく、疲労をするのはもちろん、夫側に対する不満も大きくなり夫婦生活の危機にもなり兼ねない状態です。

また男性の育児休業の取得率の低さも関係しています。
男性が育児をするのはおかしい、と考えている人の割合が未だに高いため、男性が育児休業を取得しようとしても風当たりが強いでしょう。

これは日本における問題です。

家事ができる夫はありがたい

男性にとって家事ができるようになるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
また女性側にもメリットはあるのでしょうか。

今の日本は少子高齢化が進行しています。
そのため今の若い世代が高齢者になった時、今のシニア層がもっと歳を取った時に老老介護が待っているかもしれません。

もし老老介護になり、夫が妻を介護するということも考えられますが、もし家事が何もできなかったら大変なことになります。

また妻に先立たれてしまった場合、何もできない夫が残された時には生活することすら難しい状態になってしまうでしょう。
しかし家事ができる夫の場合には老々介護になったとしても妻に先立たれたとしても家事をこなしながら生活をすることができると考えられます。

そうした面からも夫が家事をするということはとても大切なことになるのではないでしょうか。

お互いに協力し合う

「家事をしたことがないから今更無理」と感じている方もいるでしょう。

確かにいきなりご飯を作るなどの高度な家事は難しいことです。
しかしゴミ捨てや洗濯をする、お風呂の掃除をするなどであれば今日からでもできませんか?

また妻が子供と過ごしている時に食器を洗うなどもとてもありがたいことです。
できないと決めつけるのではなく、できることからやってみませんか?

きっと夫婦の関係も良い方向に進んでいくでしょう。


2017年1月4日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop