冬場の浴室は高齢者にとって危険!急激な温度の変化に注意
冬場浴室と脱衣場の温度差や浴槽に入った時の温度差による事故が多くなります。
特に体温の調節機能が低下している高齢者にとっては入浴の時に温度差に注意をしなければ血圧が急に高くなる、意識を失ってしまうなどの事故が起こりやすくなります。

このような状態をヒートショックとしているのですが、最悪の場合には命を落とすこともあり注意が必要です。

ヒートショックとは

冬場の浴室は高齢者にとって危険!急激な温度の変化に注意についてのイラスト ここ最近、急に肌寒くなりました。

朝夕と日中の温度差が激しくなり、その温度差による体調不良を起こしている人たちも多いのではないでしょうか。

高齢者にとってもこの温度差は命にかかわる危険にもつながることになります。

特に入浴する時、温かいリビングから寒い脱衣場や浴室に行き、体を温めようと浴槽に入った時に起こるのがヒートショックです。

もちろん、リビングから脱衣場などの寒い所へ移動した時にも起こります。

ヒートショックは急な温度差に身体が驚き、血圧が急に上がってしまう現象です。

血圧の急激な上昇ではめまいや意識消失などの症状を始め、脳梗塞や心筋梗塞にもつながってしまうことになります。

また浴槽内でめまいや意識消失が起こってしまうと溺れてしまうこともあります。

ヒートショックを起こさないためにはどうしたらいい?

命を落とすこともあるヒートショックですが、どうしたら予防できるのでしょうか。

まずは急激な温度差がないように脱衣場や浴室を温めるようにしましょう。

脱衣場をヒーターで温める、浴室はシャワーを出し放しにしておく・浴槽のふたを開けておくことで温めることができます。
また浴槽のお湯の温度も40度前後に設定しておきます。

寒い日だと体を温めたいとお湯の温度を42度など高めに設定しがちです。高い温度は血管を収縮させてしまうために血圧が急に上がってしまうリスクになります。

そのため、お湯の温度にも注意をするようにしましょう。

また季節柄、夜に冷え込みます。冷え込んだ時に入浴をすることはヒートショックのリスクになりますので、夕方4時から6時ころに入浴することも予防になります。

まとめ

寒い日が続き、温かいお風呂が恋しくなりますよね。

しかし温かいところから寒いところへ行った時に起こるヒートショックはそのようなときに起こりやすいのです。

特に高齢者は注意が必要です。万が一何かあった時にも誰かが気付くことができるような環境で入浴すること、入浴する前に誰かに声をかけていくことも意識していきましょう。


2016年10月15日 15:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop