イチョウ葉エキスの効能と高齢者に使用する際の注意点は?
イチョウの葉から取れるイチョウ葉エキス効能には認知機能の改善が挙げられています。
そのため「最近忘れっぽくなったな」と感じている高齢者が摂取していることもあります。

しかしイチョウ葉エキスは内服薬との組み合わせによっては身体に影響を与えることがあるのです。

イチョウ葉エキスの効能とは

イチョウ葉エキスの効能と高齢者に使用する際の注意点は?についてのイラスト イチョウ葉エキスはその名の通りイチョウの葉から有効成分を含んだエキスを抽出したものです。

有効成分にはフラボノイド配糖体、テルペンラクトンが含まれていますが、この成分は認知機能を改善すると言われています。

フラボノイド配合体は 抗酸化作用を持ち、身体の中の老化を促進する酸化を抑制する働きをします。

テルペクトンも同様に抗酸化作用があり、更には血小板を集める働きを抑制するため血液をサラサラにし、血流を良くすることで認知機能の改善を促すと言われています。

イチョウ葉エキスを使った実験でも認知機能が改善したという結果がもたらされています。

イチョウ葉エキスと内服薬の関係

高齢者は様々な薬を処方され、内服しています。

その内服している薬によってはイチョウ葉エキスを併用することにより、薬の作用を低下させてしまう逆に亢進させてしまうことも考えられます。

イチョウ葉エキスに関してギンコール酸という成分が含まれています。
この成分は アレルギーを引き起こすとも言われており、注意が必要です。

今市販されているイチョウ葉エキスはメーカーも様々であり、含まれている成分もそれぞれ異なってきます。

そのため一概にイチョウ葉エキスが安全かということもできないのです。

もし処方されている薬と共にイチョウ葉エキスを摂取するのであれば主治医にその旨を伝えましょう。

まとめ

物忘れが気になる時には効果があると言われたものを試してみたくなりますよね。

そしてイチョウ葉エキスは医薬品でないのでドラックストアなどで手軽に購入することができます。

またイチョウ葉エキスを選択する場合には含まれている成分を確認しましょう。

先述したギンコール酸が多く含まれている場合にはアレルギーなどを起こすことも考えられます。

そしてイチョウ葉エキスには限りませんが、サプリメントの中には処方薬との相性が良くないものもあります。

もし処方されている薬の他にサプリメントを摂取する場合には必ず主治医に相談してからにしましょう。


2016年8月18日 12:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop