介護費用はいくらかかるか?より、いくらだせるか?で決めよう!
もし介護が必要になったという時に介護費用いくらかかるのかと不安に感じることはないですか?
またその介護が必要になる時期が経済的に余裕のある時なのかそうでない時期なのかということでも不安の大きさは変わってくるでしょう。

そのため介護が必要になった時にいくらかかるのかという不安を持つよりもいくらまでなら遣えるということを考えることで介護保険サービスの他にも地域のボランティアを活用するなどの対応が取れるのではないでしょうか。

介護費用はいくらまで遣えるのかを考える

介護費用はいくらかかるか?より、いくらだせるか?で決めよう!についてのイラスト 介護が必要になったという時にまず考えるのが費用はどれくらいかかるのかということではないでしょうか。

介護にかかる費用は家で介護をするのか施設に入居するのかでも変わってきます。さらに介護保険サービスを利用するのかどうかでも変わってきます。

そのため介護が必要になったという時 具体的な予算を明確にしておくことで、予測しながら対応することができます。

また介護に関してはケアマネジャーが介護保険サービスなどをコーディネートしてくれます。

ケアマネジャーにとっても費用はどこまで遣うことができるのかということが明確であった方が介護保険サービスをどの程度利用できるのかという目安にもなります。

家族のサポートは得られるのか

もし家族の誰かに介護が必要になった場合に他に介護に協力できる人がいないかどうかも費用に大きく関わってきます。

例えば訪問介護を利用した場合には介護保険における費用が掛かりますが、家族ができる事を行えばその分の費用は不要になります。

また同居していないから介護ができないというわけではなく、こまめに電話をして会話をする、休みの日に訪問してできる範囲のことを手伝うなどでも介護を受ける側としては嬉しいものです。

できる人が多い程、介護の負担は少なくなります。
ぜひ家族など関わる人が多くなるように協力体制を組めるようにしたいものです。

まとめ

介護が必要になることは五日と言うことを予測できないものです。

そのため、家族の中でいつ介護が必要になっても慌てずに対応できるように話し合いをしておきましょう。

またそれは同居している家族だけではなく離れて暮らす家族も同様です。

介護にかかる費用に関しても、いくらまで遣えるのかということをライフステージごとに考えておくと安心です。

そして地域の中にどのようなボランティアや介護保険サービスがあるのかと言うこともリサーチしておくともし介護が必要になった時に安心です。

地域に設置されている地域包括支援センターでは介護に関するさまざまな相談をすることができますので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてください。


2016年8月7日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop