田舎に移住して気軽に仕事をする、それも豊かな人生かも!?
田舎移住し、農作業などの仕事を気軽に行えるという生活も悪くないようです。
また都市部に生活拠点を置きながら週末のみ田舎で過ごすという生活スタイルを選択している方もいるようです。

田舎の良さもあれば悪さもあります。

また逆に都市部の良さや悪さもあり、どちらの良い部分を取り、生活していくことができたら人生が豊かになるような気がしますが、皆さんはどう感じますか?

田舎へ移住し生き生きと過ごす

田舎に移住して気軽に仕事をする、それも豊かな人生かも!?についてのイラスト 都市部で定年まで過ごし、その後の人生を地方へ移住して農作業などをして生き生きと過ごすという生活を選択している方が多くなっています。

また様々な自治体が地方への移住を後押ししようと取り組みを行っています。

中には移住を体験できる施設を設置している地域もあり、気軽に移住を体験しその地での生活を経験して本格的に移住をするというケースもあります。

また住居の他にも畑なども貸し出し、農作業をできるようにしている地域もあります。

こうした取り組みを利用し、実際に移住した方たちは地域に溶け込み、移住先で生き生きと生活しているようです。

時間をかけて考える必要性

地方への移住を即決してしまい、失敗する例もあります。
都市部での高齢者の一人暮らしが不安だと感じ、地方の施設へ移住した方でその地方の生活に慣れることができずにまた移住前の地域に戻ったケースがあります。

事前に移住先での生活を十分に調べて体験しなかったというところに問題がありそうです。
移住先での生活を具体的にイメージする、実際にシミュレーションしてみるということも移住を成功させるためにとても大切なことになります。

特に都市部から移住する方の中には運転免許を持っておらず、公共交通機関を利用して移動している方も多いでしょう。

しかし移住先で都市部と同じだけの公共交通機関があるわけではありません。
そういったところもしっかりとリサーチしておくことが求められます。

病院やスーパーなどの日常生活に関係することも同じです。

まとめ

移住するということはとても大変なことです。
その後の人生を大きく変えると言っても過言ではないため、十分にリサーチし、可能な限り移住先で過ごしてみてから本格的に移住するかどうかを決定しましょう。

また日常生活に必要な移動手段や病院、買い物をする場所なども事前に確認しておくことはもちろん、どのような人が住んでいるのかなども併せて確認しておくようにしましょう。

それらがうまくいけば移住後に生き生きと生活でき、人生も豊かになるのではないでしょうか。


2017年1月30日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop