猛威を振るうインフルエンザ。うがいでは予防できない!?
インフルエンザが全国で猛威を振るっています。
インフルエンザの予防をする時に手洗いやうがいをするということをよく耳にします。

しかしうがいにはインフルエンザを予防する効果がないと分かりました。
厚生労働省のHPからもインフルエンザの予防に対してうがいをするということが消去されています。
今後も勢いが続くインフルエンザですが、効果のある予防策を取っていきましょう。

インフルエンザの予防にはうがいが不要!?

猛威を振るうインフルエンザ。うがいでは予防できない!? 全国で猛威を振るっているインフルエンザ。
その予防に力を入れている方も少なくありません。
皆さんはどのような形でインフルエンザの予防策を取っているでしょうか?

多くの方は「マスクをつける」「手洗いをする」「うがいをする」という予防策を取っているでしょう。
しかしこの中でうがいをするという行動に関してインフルエンザの予防のエビデンス(根拠)がないとされました。

インフルエンザウイルスは口などからそのウイルスを吸い込み、数分から20分程度で細胞内に侵入するとされています。
そのためうがいをしてインフルエンザを予防するとなると数分から20分おきにうがいをしなければなりません。
これは正直現実的ではないですよね。

インフルエンザの予防策をもう一度確認

ではインフルエンザを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?
厚生労働省が推奨しているのは以下になります。

まずはインフルエンザが流行するまでに予防接種を済ませておくことです。
予防接種をしたからインフルエンザに罹らないわけではありません。
もし感染しても重症化するのを防ぐためです。

次に咳をする時のエチケットです。
他の人に向けて咳をしない、咳ができる時にはマスクを着用する、口を手で押さえた場合にはすぐに手洗いをするなどです。

また外出後の手洗いも忘れずに行ってください。
流水・石鹸を付けての手洗いが効果的です。
もし手洗いができない時には携帯用の消毒液を使ってください。

そして部屋の湿度を50~60%に保つ、バランスの取れた食事や十分な休養を取る、人ごみに出かけないことも意識してください。

まとめ

これからもインフルエンザの猛威は続きます。
重症化しやすい高齢者や乳幼児はもちろんですが、妊婦さんなども予防策をしっかりと取り、感染を予防してください。

また疲れている方など体力が低下している方はインフルエンザに感染しやすいため、十分な休養とバランスの取れた食事を摂り、抵抗力を高めることも大切です。


2018年3月5日 17:00


  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop