インターネット利用率が高齢者で増加傾向!年代別でみると?
年代別でのインターネット利用率を調査したところ、高齢者の利用率が増加していることが判明しました。

高齢者はインターネットなどの新しい環境に慣れるまで時間がかかること、新しい環境を避ける傾向があることもありますが、シニア層のネット利用率の増加は環境の変化とネット「世代」の経年化が大きく関係してくると考えられています。

高齢者にとって会社などでネットを利用していたことがシニア層のネット利用率を今後も底上げしていくことになりそうです。

高齢者のネット利用率が増加傾向

インターネット利用率が高齢者で増加傾向!年代別でみると?についてのイラスト 高齢者のネット利用率が増加傾向です。

これは会社でネットを利用していた世代が徐々に高齢者世代に入ってきていることが背景にあると考えられます。
また社会的にもネットを利用するスマホやタブレットなどを持つようになってきていることも関係しているでしょう。

新しいものに対して消極的である高齢者にとって新しいことをして慣れるまでにも時間がかかります。

そのためネットに対して消極的な高齢者と積極的な高齢者が極端に分かれていることも考えられます。

高齢者はパソコンをメインにネットを利用している?

では高齢者はどのようにネットを利用しているのでしょうか?

高齢者の多くはパソコンをメインにネット利用をしている方が多くなっています。
スマホに関してはあまり増加傾向ではなく、ガラケーと呼ばれる従来型の携帯からのネット利用が多くなっているのが特徴です。

高齢者以外の世代ではやはりスマホの使用率が増加しています。
60代以降でも同様にスマホの利用率が多いのですが、80代になるとガラケーを使用する比率が高くなります。


新しい機器に慣れるまで時間がかかることを考えると、高齢者の中でスマホを手に取る方が少ないこともうなずけます。

まとめ

インターネットを利用する高齢者の利用率などを調査したものが「通信利用動向調査」になります。
毎年行われているもので総務省がその結果を公開しています。

年代別のインターネット利用率はもちろん、どの機器での利用率が高いのかなども調査していますので、もし気になる方がいれば参考にしてみてはいかがでしょうか?

今の時代、インターネットが当たり前でありスマホやパソコンで調べれば膨大な情報を手に入れることができます。

合わせてインターネットを介した見守りサービスなども積極的に導入され始めました。

これからの高齢化社会の中でもインターネットを利用することで安心して生活ができるような環境が整っていくのではないでしょうか。


2017年7月30日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop