医療費と介護施設費を払うなら?介護は介護施設で!
医療費と介護施設費、まったく畑違いのようで実はそうでもありません。お金のない低所得高齢者が怪我や病気などで入院し、その後施設に入るお金がないので病院で預かってほしいと申し出る家族も少なくないのです。なぜそのようなことが起こってしまうのでしょうか。

後期高齢者の医療費

医療費と介護施設費を払うなら?介護は介護施設で!についてのイラスト 現役並みの所得のある高齢者の医療費は3割負担となります。外来と入院の世帯ごとの自己負担限度額は880100円となります。そこに食事代やリネン、テレビ代が追加される形です。しかし一般所得者でも自己負担限度額は44400円、低所得者Ⅱ・Ⅰに至っては自己負担限度額は24600円、15000円と低い水準となっています。その低い金額に食事代やリネン、テレビ代が追加されたとしても月の入院費は大体4万前後となります。比べて介護保険施設費は低所得者であっても、どれだけ安く考えても約6万程度と言われています。比較すると1~2万は医療費の方が安くなるので、少しでも安くと求める低所得者にとっては、入院を希望するのは当然であるといえるでしょう。

長期入院ができる病棟

昔は、患者や家族の希望のもと長期入院することが可能でした。しかし、その時代は終わったのです。今は最期まで入院させてくれる病院はほとんどありません。病状やけがの状態が安定すればすぐ退院の運びとなります。しかし、それでは生活していけない人たちはどうなるのでしょうか。施設に入るお金も空きもなく、いくら病状が安定したとはいえ自立した生活が困難である場合いったいどこに助けを求めればいいのでしょうか。
そんなときに求められるのが「医療療養型病棟」または「介護療養型病棟」です。医療療養型病棟はれっきとした病院です。長期的に入院の必要がある人しか入院はできません。24時間酸素が必要な患者さんや、一日何度も吸引を行わなければならない患者さんなどではない場合、医療療養型病棟に入院することはできません。介護療養型病棟は要介護認定を受けていることが前提となりますが、国の方針はこの病棟をなくそうとしているため、介護療養病棟のある病院は年々介護療養病棟の病床数を減らしていっています。

家族がすべきこと

そもそも、病院は病気や怪我を治すところであって高齢者を介護する場所ではないという事を忘れてはいけません。介護は介護施設なのです。あとは本人の財政状況や生活などに合わせた最適なところを関係機関に相談しながら探していくことが必要でしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop