在宅医療の現状とは?しっかりとした医療体制!
在宅医療現状は自宅で日常の生活をしながら治療を受けることができるという考え方が主流になっています。

またその自宅とは有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅なども指しており、在宅医療を受けながら安心して生活できる環境が整えられているのです。

在宅医療とは

在宅医療の現状とは?しっかりとした医療体制!についてのイラスト 在宅医療とは済み慣れた自宅での生活を続けながら訪問診察など受け、安心して生活できるものを指しています。

また看取りへの対応もしているクリニックや医師が多くなってきています。

基本的にはかかりつけ医が往診するような形にはなりますが、24時間365日サポートしてくれるクリニックもあります。

複数の病気を持っている場合でも専門の医師が複数で対応してくれるところもあるそうです。

地域の中にある病院との連携も取ることで、在宅医療では治療ができない・検査が必要であるという時にその連携している病院に連絡をし、適切な治療や検査を受けることが可能なのです。

ただ自宅などで療養している人のサポートだけを行っているわけではなく、緊急時のことも考えて関わっていると言えます。

地域包括ケアシステムとの連携

介護が必要になっても安心して住み慣れた地域・自宅で生活できるように医療と介護、介護予防などを一体的に受けることができるのが地域包括ケアシステムです。

この地域包括ケアシステムの中には在宅医療が組み込まれています。

地域におけるかかりつけ医が自宅で生活している人の健康管理を始めとしたサポートを行います。

そして先述したようにかかりつけ医で対応できない検査や治療に関しては連携している病院へ依頼して受け入れをしてもらう、退院できるような状態になったらまたかかりつけ医が自宅での生活をフォローしていくというような形が地域包括ケアシステムの中の在宅医療の存在になります。

そして介護サービス事業所との連携も密に取っていくのが特徴です。

要介護者が在宅で生活する場合には日常生活の支援を介護サービス事業所が担っています。
そのため、日常生活での様子を知るため、また介護サービス事業所側は医療面での注意点などを知るために連携をしているのです。

まとめ

2025年問題を踏まえて、地域包括ケアシステムの構築が進められています。

そして今、待機老人問題もあり在宅で生活する要介護者もふえています。
その方たちが安心してこれからも暮らしていくことができるように訪問医療の存在がとても大切になります。

最期を迎える場所は自宅がいい、と思っている人も多くいる今、これからもっと地域の中で訪問医療を担う医師たちが多くなると安心して自宅での生活をすることができるのではないでしょうか。


2016年10月12日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop