ジェネリック医薬品のメリット・デメリット、ご存知ですか?
最近CMでもジェネリック医薬品について耳にすることが多くなりました。 ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも言われ、お薬をもらう際にジェネリック医薬品にしてもらうと費用が安くなるなどのメリットがあります。そのため、医療費の削減の意味でも積極的に使用するように言われているのです。
しかしどんな良い事にも必ずデメリットが存在します。 では、ジェネリック医薬品のメリット・デメリットとはどのようなものなのでしょうか。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット、ご存知ですか?についてのイラスト 新薬の開発には膨大な費用と期間が必要です。
しかしジェネリック医薬品はすでに開発されている薬(先発医薬品)の成分を活用しているのでお薬の成分や効き目などは変わらないのです。
また、新薬開発に比べて開発の費用も期間も何十倍も短くなり、コストの削減にもなります。患者さんに安く提供できることはもちろんのこと、医療費削減にも繋がるのです。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品のメリットには何があるのでしょうか。 まず費用が安くなり、自己負担金が少なくなることが挙げられます。ジェネリック医薬品を希望する場合は診察時に医師に伝え、ジェネリック医薬品に変更できるように処方箋を書いてもらいましょう。
薬剤によっては先発医薬品のみのものもあるので変更ができない場合があります。 他には薬剤の形を変えて、先発医薬品よりも飲みやすい形状にしているものもあることもメリットではないでしょうか。

ジェネリック医薬品のデメリット

では、ジェネリック医薬品のデメリットとは何があるのでしょうか。先に使用されていて効果がある医薬品の主成分を使用しているため、先発医薬品と比較して効果に大差はないと言われています。
しかし、薬の周りをコーティングしているもの(例えば糖衣錠やカプセル剤など)については先発医薬品の特許期間が残っていると同じようには製造できません。そのため、内服してからの溶け方などに違いが出てしまい、効果に差が出てしまうことが考えられます。
よってジェネリック医薬品が先発医薬品と全く同じものかと言われるとそうでないということになります。

どちらも上手に使い分けましょう

ジェネリック医薬品にも先発医薬品にもどちらにもメリット・デメリットがあります。 まずは診察してもらった時に医師に相談し、ジェネリック医薬品について詳しく聞いてみましょう。その際に先発医薬品でないと効果がないなどの指示があり、処方箋にも記載してくれます。
また薬局でも詳しくジェネリック医薬品の効果や先発医薬品との違いを薬の専門家である薬剤師が教えてくれます。疑問に感じたら薬剤師の方に声をかけてみてください。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop