免許返納で特典が!制度を利用して事故から身を守ろう!
免許返納という制度を耳にするのが普通となってきました。
高齢者が起こす交通事故が増えてきています。

このような事故が起こるのには加齢に伴う様々な機能の低下が考えられます。

そのため、ある自治体では免許返納制度により運転免許を返納した人に対して商品券と公共交通機関の利用券などの特典をプレゼントするという取り組みをしています。

免許返納制度が普及!高齢者が事故を起こす理由

免許返納で特典が!制度を利用して事故から身を守ろう!についてのイラスト 人間のみならず動物は年齢を重ねるごとに身体の様々な機能が低下します。

また同時に脳の機能も低下します。特に運転に関係する様々なことを認識する認知機能も低下します。

そうすると車を運転している時に歩行者に気付くのが遅れる、停車する際に判断が遅れてしまう、ブレーキとアクセルを踏み間違えるなどのミスが起こります。

これらが起こることで交通事故になります。

このように高齢者は危険に対する認知や、判断力の低下があることで交通事故を起こす可能性が高くなります。

免許返納が進まないのは

しかし、免許の返納があまり進まないのはなぜなのでしょうか。

都市部であればバスや電車などの公共交通機関が整備されています。
こういったところだと免許返納によって得られる特典を利用して生活することも可能でしょう。

しかし地方都市ではあまりこれらの公共交通機関は整備されていません。
また高齢者は持病を患っている方が多く、定期的に病院へ通院が必要になります。

その際に都市部のように公共交通機関が整備されていれば自分で運転しなくても病院へ受診できるのですが、整備されていない場合は車での通院をせざるを得ません。

受診以外の日常生活においての買い物や役所に出向く際も同様でしょう。

足腰が弱り、歩いて行けるようなところになければ車は必需品となってしまのです。

まとめ

高齢者の免許返納を進めることで高齢者が引き起こす事故は減少するでしょう。
しかし免許返納した時に過ごしやすい環境を整える必要もあります。

例えばスーパーであればネットスーパーを簡単に使えるようにする、移動販売車の充実させる、受診では病院までの通院バスなどの充実が重要だといえるでしょう。

今でも行っている地域もありますが、採算が取れないなどで中止してしまうケースも多くあります。

交通機関の利用券なども特典も重要ですが、国や都道府県などの自治体が協力し、生活しやすい環境を整えることが大切だと言えるのではないでしょうか。


2016年7月15日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop