人口減少の影響は社会全体に!企業の存続も危ないかも!
少子高齢化が進む日本は人口減少も起こっています。
人口減少社会的にも大きく影響すると考えられ、地域によっては病院やスーパーなどの店舗がなくなることも予想されています。

そもそもそういった施設に関しては人口がある程度いなければ成立しないため、人口が減少していく地域では継続していくことができません。

2010年時点では1億2805万7000人だった人口がそう遠くない未来の2040年には1億727万6000人と予想されています。

2040年までに2100万人も減少する?

人口減少の影響は社会全体に!企業の存続も危ないかも!についてのイラスト 国立社会保障・人口問題研究所によると2040年の人口は1億727万6000人になると予想しています。

この人口数は2010年と比較して2100万人減少するということになります。

人口減少の理由にはどのようなことが挙げられているのでしょうか。
少子高齢化に対する対策の遅れはもちろん関係していると考えられるのですが他にも原因がありそうです。


例えば女性の社会進出も人口減少の原因の1つになります。仕事に集中するために結婚をしない、子供を産まないという選択をする女性が多くなるためです。

また子供を育てるための環境が整っていないと感じている若い世代も多く、子育てに不安があるためあえて子供を産まずに自分たちの時間を大切にすると考えているケースも多くなっています。

人口減少の影響は?

人口が減少するということは存続ができない自治体が出てくるということにもなります。
例えば若者たちが生活のしやすさのためにその地方から流出してしまえば高齢者が占める割合が高くなってしまいます。

また単純に人口が減少するということであったとしてもその地域では病院やスーパーなどの施設が存続できなくなります。
利用者がいなくなるということも原因ですが、働き手も確保できないということも大きく関係してきます。


そうした地域が人口減少により多くなってくると予想されています。

そして高齢化社会は進行していくにも関わらず、高齢者のための有料老人ホームに関して運営できなくなる地域も出てきてしまうとされています。

まとめ

少子高齢化について問題視されていますが、併せて人口減少もこれからの日本へ大きく影響を与えることであるということを知っておく必要があります。

また日常生活で必要不可欠な病院や銀行などを始め、買い物をするための商業施設も自分たちの住む地域から消えてしまう可能性があります。

少子化に対しての対策の遅れは否めません。しかし今からでも若い世代が子育てと仕事を両立できるような環境を早急に整えることはできますよね。

そうした対策を行い、これからの人口減少に備えることが求められます。


2017年2月3日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop