エアコンの冷房と除湿 どちらが涼しいのか?
猛暑日が続いています。
エアコンを付ける時に除湿冷房、どちらが涼しいのかご存知ですか?実は室温と湿度は関係が深く、涼しくするにも湿度が関係してきます。

室温が低くても湿度が高ければ涼しさは半減し、湿度が低ければ涼しく感じます。
また湿度が高ければ室温が適温でも熱中症になることもあります。

このように関係性が高い室温と湿度をうまくコントロールし、涼しく感じる室内で過ごせるようにしていきましょう。

エアコンの除湿と冷房の違いと効果

エアコンの冷房と除湿 どちらが涼しいのか?についてのイラスト エアコンの除湿と冷房機能。

とにかく暑くて室温を下げたいという時に迷わず冷房を選択することが多いのではないでしょうか。

どちらも室温を下げるということかがあるのですがその方法に違いがあります。

除湿は部屋の湿度を下げて乾いた空気にすることです。

同じ温度でも湿度が高い方がよりじめじめして不快に感じます。

しかし湿度が低いと空気が乾燥しているため涼しく感じます。

冷房はその名のとおり室温を下げるために暑い空気を外に押し出す働きをするものです。

室内の空気を室外機で涼しくし、また室内に戻します。

そうすると室温が下がり涼しくなるのです。

暑くて眠れない時は除湿にする

今の時期は暑くて眠れない夜がほとんどですよね。

そんな時には除湿と冷房どちらを選択するのがベストなのか悩むところです。

どちらを選ぶかは室温や湿度によって変わってきます。

人間は寝ている時にも水分が蒸発していきます。

その蒸発した水分が寝具にも溜まり、更に自分たちの身体から出ている水分が蒸発することで閉め切った寝室では湿度が上がることが多く、じめじめとした環境になりやすい状態と言えます。

そのため寝る前に付けるエアコンは除湿機能がおすすめです。

除湿することで室内の湿度を下げ、からっとした空気になり室温がそれほど低くなくても快適に過ごすことができます。

しかし除湿をしながら寝てしまうと必要以上に湿度が低下し、のどの乾燥などから風邪を引いてしまうこともありますので注意が必要です。

まとめ

エアコンが聞き過ぎる環境にいると冷房症になってしまう可能性があります。

冷えた部屋と冷えていない廊下などを行き来することでその温度差についていけずに頭痛や肩こりなどの症状が出ることです。

こうした病気もあることからあまり冷えすぎない温度に設定することが大切です。

室温28℃の時は湿度50%が最適とされています。

また暑いからと言って一晩中エアコンをつけっぱなしにするのはやめましょう。

扇風機を併用するなどで室温や湿度を適度に保ち、暑い夏を乗り切りましょう。


2016年8月14日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop