熟年離婚を回避するには?適度な距離が夫婦関係を正常化する?
熟年離婚回避するためには夫婦間に適度な距離が必要になります。

ずっと一緒に暮らしていることでお互いの存在にイライラしてしまうことで熟年離婚につながることもあり、夫婦の関係性を再度改善するための前向きな別居は効果的だとされています。

またお互いに起こったトラブルを一緒に解決していくことで夫婦間の関係性が再度構築されることもあるため、すぐに熟年離婚を考えずに関係性を改善する方法を見つけていきましょう。

適度な距離を持つことが大切

熟年離婚を回避するには?適度な距離が夫婦関係を正常化する?についてのイラスト 定年退職をした夫が1日中家にいてごろごろしているという状況は熟年離婚のきっかけになります。

しかも今まで家事をしていなかったのであれば家にいても何もしないで上げ膳据え膳になってしまっていたらさらにイライラしてしまいます。

こうした場合は常に一緒に過ごすのではなく、夕食は別に取るなどの適度な距離を取るようにすると夫婦関係が改善することがあります。

夫側も夕食を作れないから外食をすることで誰かと関わるようになり、外に出かけるようになるという行動の変化にもつながるかもしれません。

別居をする選択肢もあり

別居をする=離婚と考えられがちですが、お互いに納得した上で別居することは熟年離婚を回避するきっかけになることもあります。

しかし経済的に自立していなければなかなか別居に踏み切ることは難しいということもあります。

例えば仕事をして自立している妻が家にいて何もしていない夫に対して嫌気がさして、別居をすることで夫が危機感を感じ、働くようになったというケースもあります。

また経済的な自立ができていない主婦の場合でも夫の女性関係に疲れていたところ単身赴任になった夫が心を入れ替えてくれたことで夫婦関係が改善されたということもあるようです。

夫婦の関係性は今までのように一緒に暮らすのが当たり前というだけではない時代になってきています。

まずは夫婦で今後どうしていきたいのかということをしっかりと話し合っていくことが大切だと考えます。

まとめ

熟年離婚をするのかしないのかはその夫婦での考え方で変わりますので、周りがとやかく言うことではありません。

しかし結婚をした時に「一生添い遂げる」と決めた相手であるならばどうやったら夫婦の関係が良いままなのかということを話し合いましょう。

その時に別居することが関係性を改善させることになるかもしれません。
熟年離婚をする前にまずはお互いに言いたいことを伝える時間を設けましょう。


2017年10月2日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop