介護脱毛の希望者増加!高齢者が脱毛を希望する理由について!
介護脱毛ってご存知ですか?

将来の介護に備え、脇や局部を脱毛するということなのですが、30~40歳代の女性では6割以上が希望しているそうです。

実際に介護をする現場としてもあまりに毛量が多い、長いという状態では清潔を保つことが難しいとして可能であれば短くするなどのケアをして欲しいと思っているとのことです。

こうした介護脱毛、女性の意識が高いのですが男性はそれほど高い意識を持っていないのが現状です。

介護脱毛って何?

介護脱毛の希望者増加!高齢者が脱毛を希望する理由について!についてのイラスト 介護脱毛という聞きなれないワード。

今注目されているのですが、将来の介護に備えて脇や局部の脱毛をしておくというものです。
ある調査によると30~40代の女性で両親の介護をしているまたは予定している6割以上が介護脱毛を希望しています。

一方、男性は約3割が希望しており、男女の中で差が出ています。

これはもともと女性のムダ毛に対する恥ずかしさがあることが関係していると考えられます。
介護が必要になっても第三者にムダ毛を見られたくないという思いがありますよね。

男性は生えている毛をそのままにしていることも多いため、将来もそのままでいいと思っているのでしょうか。

介護脱毛、そのメリットは?現状はどうなの?

実際に介護をしているスタッフからしてみたら、ムダ毛がないと清潔を保ちやすいという考えを持っていることが多いそうです。

排泄に伴い洗浄などをする時に毛量が多いことでなかなかきれいにできないということもあります。
そう考えると介護脱毛は清潔保持のために効果があると言えます。

加齢によって毛量の減少も起こります。
男性より女性の方が毛量の減りが目立ち、あまりムダ毛が気にならないことが多いのが現状です。

男性の場合にはそのままの毛量があることが多いそうです。

局部の清潔を保持できないことは膀胱炎などの感染症を起こすリスクが高くなります。

そのため介護をする側の本音で多いのは介護脱毛されていることなのかもしれません。

まとめ

介護脱毛は若い世代も注目しています。

将来の介護に備えてというよりも今の20代はケアをするのが当たり前という価値観を持っているようです。
アメリカなどでもケアをするのが当たり前になっているため、日本人のようにナチュラルなままに対しては驚きを感じているそうですよ。

そう考えると、早めの脱毛が当たり前になることも近いのかもしれませんね。

現在の医療脱毛は黒い色素に反応するとのことなので、白くなってしまうと効果が得られないこともあるそうです。
気になる方は早めにトライしてみてはいかがでしょうか。


2017年9月28日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop