質の高い職員を!介護現場が求めるスタッフとは?
高齢化社会と言われている現在、介護保険の事業所が次々と作られています。今までは数が足りなくて「どんどん作れ」と言われていたのが、事業所過多となり、今後は事業所同士の利用者さんの取り合いになってきます。そこで決め手となるのが「どれだけ質の高い職員を集めているか」というポイントです。しかし、介護の現場ではそれがなかなか難しいという現状があります。

介護の現場の評価の難しさ

質の高い職員を!介護現場が求めるスタッフとは?についてのイラスト 介護の現場で「良い職員」とはどんな職員でしょうか?実はこの評価がすごく難しいのです。介護の現場での実践的な資格として、ヘルパーの資格や介護福祉士の資格があります。ヘルパーの資格は受講すれば比較的簡単に取れますし、介護福祉士は現場経験を積めば受験資格を得ることのできる資格で、現在130万人いると言われております。管理者になるなら資格は必要ですが、現場で働くにはあまり関係ないといえるでしょう。では学歴で評価する、といっても、学歴で仕事内容に差がつく職場ではありませんし、これもあまり評価の基準にならないようです。

仕事ができればそれでいい?

介護の職場は生産業のように目に見えて結果が出る職場ではありませんし、営業職のように1人1人の成績が出るわけでもありません。施設として1つの結果が出るため管理職が仕事の1人1人の評価をしなくてはならないのです。しかし、そこがすごく難しいことです。すべての業務をそつなくこなせれば1番良いのですが、介護施設は1日の仕事量がとても多く大変です。そこで、日々の業務だけ淡々とこなして仕事をどんどん片付けていく職員と利用する方の存在を重視して利用者さんとの触れ合いや会話を優先して行い日々の業務を後回しにする職員、利用する方にとっては利用する方を重視してくれる職員のほうが評価が高いですが、現場では「利用者さんと遊んでばかりいる職員」と評価されてしまうこともあり、淡々と仕事をこなしている職員のほうが「仕事を多くしている・できる職員」となってしまうこともあります。同じ職員同士でも納得いかないといった問題も多々あるのです。

介護現場の問題はさらに…

現在、介護施設は増えていますが職員の育成はあまり進んでいないといえるのではないでしょうか。しかし、施設を運営するため最低人数の職員を確保しなくてはならないため、施設の欲しい人材を確保するというより、まず人材を入れないとならないというようになっているようです。そのため、職員の高齢化も進んでいます。新卒の職員の離職が進む一方で別の職種や定年して再就職で福祉の世界で働く人も増えております。そのため、職員教育も全く経験無い状態から行うこととなり一般企業と違うところに戸惑うことも多いようです。施設側として、本当に欲しい人材がどういった職員なのか、その具体的なモデルを決める必要があるといえるのではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop