改正された介護保険 介護保険2割負担の対象者は?
2割負担介護保険ということで、高齢者の方々はとても不安になっておられます。
「自分は対象者なのだろうか?」「負担金が倍になってしまったら生きていかれない」などという声が聞こえてきます。

不安にさせる前にきちんとした 説明をしなければならないのでは無いでしょうか?

そもそもどこが変更されたの?

改正された介護保険 介護保険2割負担の対象者は?についてのイラスト 大まかな変更内容は「要支援の訪問・通所介護が自治体サービスへ移行」
要支援1・要支援2の人は、今後市町村のサービスより提供されることになります。

これにより、市町村により格差が生じてきますので、地域の役所へお問い合わせください。

「特養入所は要介護3以上」
特養ホームへ新規入所する場合は原則要介護3以上になります。
(現在入所中の人はその限りではありません)

「特養の部屋代等の補助認定」
今までは個人の所得で判断されていましたが、遺族年金や障害年金も加算されます。
金融資産が多い人も補助の対象外になります。夫婦で2,000万円超、単身で1,000万円超がボーダーラインです。

「所得が一定以上の利用時は負担が2割」
全員「1割負担」(上限額まで)で利用できましたが、これからは、 年金収入で280万円以上の人は自己負担が「2割」となります。

2割負担になるひとは?

2割負担のとなる人とは

「合計所得が160万円以上」「年金収入だけなら280万円以上」にあたる人が2割負担になります。

分かりやすく説明すると、現役時代の平均手取り年収が850~900万円程度、40歳時点の年収が1000万円以上の場合ですね。
(厚生年金の場合は年収により収める金額が決定されるためですが、上記は目安とお考えください)

しかし、健康保険の「高額療養費」と介護保険の「高額介護サービス費」で払い戻しを受けることが可能です。

一般的な収入の場合は、 医療費+介護費の合計が年間62万円を超過した場合、払い戻しを受けられます。

まとめ

介護関係の仕事をしている上で、色々な人から質問されますので私も分かる範囲で説明しているのですがなかなか理解してもらえません。

高齢者の方にとっては「自分が2割になるのか」が心配の種で、 「保険料は上がるは、年金は下がるは、おまけに負担金まで上がったらどうすればいい!」との声を聞く事が多い気がします。

こんなにもわからなくて困っている人がたくさんいるのに、放置している政府が信じられません。


2016年6月22日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop