介護保険サービスの利用方法はあまり知られていない
親の介護が必要になってきた時に利用する「介護保険制度」2000年から始まり、要介護、要支援の認定を受ければ介護保険サービスを利用できます。実はこのサービスを使えば食事準備、買い物だけでなく様々な知られていない支援をも1~2割の自己負担で受けることができるのです。その利用方法を紹介します。

ホームヘルパーに依頼できるこんなこと

あまり知られていない介護サービスの利用方法についてのイラストホームヘルパー(訪問介護員)は一人暮らしのお年寄り宅だけでなく同居の家族がいる場合でも「仕事が忙しい」「家族も高齢である」などの理由でサービスを受けることができます。生活支援の中には食事や買い物だけでなく掃除・ゴミ出し・シーツ交換・布団干しなどのサービスも原則1割負担で利用することができます。

デイサービス、短期入所を使って大がかりな片付け

ただしホームヘルパーに依頼できる片付けは要介護者(親)の物だけに限られています。でも実際は日々の介護で時間を追われて家の中がなかなか片付かなくて困っている家庭も多いかと思います。そんな時は介護保険を使ってデイサービス(通所介護)を利用してみましょう。デイサービスは朝から夕方まで受け入れてくれますので、その間にたまっている片付けが出来ます。大がかりな場合は短期入所を利用すれば改装などもできるでしょう。

住宅のリフォームに補助をもらおう

リフォームにも介護保険制度は使えます。1家屋20万円までの補助が受けられ、トイレやお風呂場の手すりを増やしたり、床のバリアフリー化、意外と古い住宅に多いトイレの内開き(万が一中で倒れた時に戸が開かなくて大変なことになります!)転倒防止の床材の張り替えなどの工事費用を8~9割の補助を受けられます。もし補助を受けて改修をした後に引っ越しをしてしまっても1家屋なので新しい新居でも補助を受けることが出来ます。

まとめ

ホームヘルパーで気を付けないといけないことは介護スタッフを「家事手伝い」と勘違いして要介護者以外の家族の用事まで押し付けないようにすることです。家族の片付けはデイサービスなどを利用してまとめて行うなどうまく利用してみましょう。要介護者によって様々なニーズがあるので、地域の包括支援センターなどで相談してみると色々と教えてもらうことが出来ますので、相談に訪れるといいでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop