介護保険料の支払いっていつからはじまるの?賞与からも徴収される?
介護保険料の支払いはいつから始まるのか知っていますか?
また毎月の給与の他賞与からも天引きされることをご存知でしょうか。

介護保険料は40歳になった時から支払いが開始されます。

また介護保険料は一生涯支払いすることになります。
40歳になっていきなり介護保険料の支払いが始まったと焦らないよう、介護保険料について知識を付けておきましょう。

介護保険料の支払いは40歳から

介護保険料の支払いっていつからはじまるの?賞与からも徴収される?についてのイラスト 介護保険料は40歳になった時から支払いが開始されます。

毎月の所得からの天引きと同時に賞与が支給される人はその賞与からも天引きされます。

介護保険には第1号被保険者と第2号被保険者があります。

第1号被保険者は65歳以上の高齢者を、第2号被保険者は40歳以上65歳未満の人が対象となります。

この2つの被保険者の区分では介護保険料の支払い額はもちろん、介護保険料の支払い方法などは異なります。

そして介護保険給付を受ける時の条件も異なります。

介護保険料の計算方法は?

40歳から介護保険料の支払いが開始されます。

自分自身の支払額はいくらくらいなのか気になる人もいますよね。
気になる介護保険料を計算する方法がありますので、ご自身の給与等を当てはめて計算してみて下さい。

介護保険料の計算式は【介護保険料=「標準報酬月額」×「介護保険料率」】になります。

健康保険が協会けんぽであれば介護保険料率が1.58%になっています。

例えば標準月額報酬が30万円だった場合で計算してみると、介護保険料は【30万円×1.58%】となりますので月に4740円の負担となります。

介護保険料に関しては勤務先と折半して支払うことが決められていますので、実際の負担額は2730円となります。

同時に月々の給与と同じように賞与からも天引きされます。
標準報酬額と同様に賞与では標準賞与額と言われるものが使用されます。

もし標準賞与額が60万円であれば【60万×1.58%】になりますので、9480円になります。

この賞与の場合にも負担は勤務先と折半になるため4740円が天引きされることになります。

まとめ

介護保険料の支払いについて何も知らない場合、40歳になって急に保険料の天引きが始まり驚くかもしれません。

今回の介護保険料についての記事が少しでも参考になればよいのですが…。

また介護保険は元気な時は関係ないと思いがちですが、高齢者が介護が必要になった時に安心して暮らしていくためにも自分たちが高齢になった時に介護を受けながら安心して暮らしていくことができるようにするために必要なことです。

介護保険料の支払いが増えて嫌だ、と思わずに将来への保険料だと思って支払いをしたらいいかもしれませんね。


2016年9月25日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop