介護保険でできるさまざまなサービス
誰も何らかの理由で歩けなくなってしまった場合、車いすを使用します。
けがの場合は一時期車いすを使用すればよいのですが、脳梗塞などの病気などで歩行ができなくなった場合、車いすを常に使うことになります。
そのような時には介護保険で車いすをレンタルすることができます。

また介護保険の中でのレンタルになるので月々500円程度の負担で可能になります。

介護保険でできる福祉用具のレンタル

介護保険でできるさまざまなサービスについてのイラスト 車いすを始めとする日常生活を助ける用具のことを福祉用具と呼びます。この福祉用具には様々な種類があり、車いすを始めベッドもレンタルの対象となっています。他にも歩行器や置くタイプの手すり、杖などがあります。
これらは 介護保険の限度額以内であれば1割負担でレンタルすることができるため、購入する時の大きな金額は必要ありません。

しかしレンタルするものや期間によっては購入した方が安い場合もあります。

福祉用具をレンタルするメリットは?

介護保険での福祉用具のレンタルをするメリットはメンテナンスを福祉用具レンタル業者が行ってくれることです。

また身体の状態に変化があった場合に自分に合うものへの変更ができます。
購入していた場合はメンテナンス費用も自己負担で行わなければなりません。また、身体に合わなくなった時の福祉用具の処分に困ることもあります。そして老介護のように介護者の身体の負担が大きい時に、寝返りを助けるマットなどをレンタルできると身体の負担を軽減することができます。

またベッドでも背上げ機能を持つものにするとベッドからの起き上がり動作の介助が少しで済むため、介護者と介護される人の 負担は少なくなるでしょう。

福祉用具がレンタルできないこともあります

レンタルできない福祉用具にはポータブルトイレがあります。
また入浴関係のものもレンタルでは対応できません。

なぜかというと排泄や入浴に使うものは直接肌に触れてしまうため感染などの可能性があることが理由に挙げられます。これらの福祉用具は購入での対応になります。 また介護度によってもレンタルできる福祉用具の種類が変わってきます。
要支援1・2、要介護1の方に関しては原則的に車いすやベッド(特殊寝台と呼ばれるもの)などはレンタルができません。

また認知症の方を対象としたセンサーや寝返りを助けるマットもレンタルできません。
しかし原則であるためもし福祉用具のレンタルが必要である場合にはケアマネジャーに相談してみてください。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop