地域によって違う介護事情。みなさんはご存じでしょうか?
家族や、自分が介護を必要になることはいつ、だれの身に起こることなのか誰にもわかりません。それは突然やってくるかもしれないし、やってこないかもしれない。自分や家族だけではなく身近な人が介護で悩んでいるかもしれません。 そんなときに慌てるようなことにならないよう、知っておいて損のないことはたくさんあります。しかし、なかなか自分の身に降りかからないとアンテナも広げられず、そんな情報も耳に入りずらいのではないでしょうか。

介護のことはココに聞こう

地域によって違う介護事情。みなさんはご存じでしょうか?についてのイラスト なにはともわれ、気になること、知っておきたいこと介護に関わるすべてのことはまず「地域包括支援センター」に足を運んでみてはいかがでしょうか。介護保険に関わることの第一歩は地域包括支援センターから始まります。お住まいの地域でどんな介護サービスが提供されているのか、助成などはどんなものがあるのか、地域包括支援センターに行けばたいていのことの答えがでると思います。そして地域包括支援センターでもわからないこと、民間企業にゆだねているサービスの詳細などは地域包括支援センターが紹介や案内、仲介をしてくれることもあります。そしていざ介護を受けるということになったときにも要介護認定を受けるためには地域包括支援センターに申請をすることになります。もちろんそれだけでは終わらず、介護を受けているうえで困ったことなども地域包括支援センターで助けてくれることもあります。

ご存じですか?介護予防プログラム

市報や回覧板など、すみからすみまでくまなく読んでいるような方はご存じだと思います。身近に介護に関わる方がいる方もご存じでしょう。地域主催の「介護予防プログラム」というものが存在します。簡単に言ってしまえば、要介護の一歩手前。言葉通り「介護を予防するプログラム」なのです。主に、今はまだギリギリ要介護状態には至っていないが、そのままではすぐにでも要介護状態になってしまう恐れのある方を対象にされていますが、たいていの市町村ではどなたでも気軽に参加できるようになっています。 体操などで体を動かしたり、近所の高齢者との社会交流など、市町村によって様々なバリエーションがあります。

いつ訪れるかわからない介護のために

介護を身近に感じておく、いざ要介護状態になったらその高齢者を救うことができるのはなんといってもやはり家族なのです。介護のための予備知識は持っていて損はありません。まずは本サイト(サ高住ノート)をご覧になっていただき、サ高住や介護全般の基礎知識をつけていただく事も良いかと思います。またお時間があれば、お住まいの地域包括支援センターに足を運んでみるのもいかがでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop