介護休業は93日じゃ足りない?上手な介護休業の使い方!
2017年より介護休業が改正されます。今までは最大93日、1度だけ取得するというものでした。

そのため93日あっても足りないと感じている人もいたのではないでしょうか。

今回の改正では通算93日というのは変更ありませんが、最大3回に分けて休業することができるようになりました。

でも93日は少ないような気がすると考えている人もいるでしょう。
介護休業は自分自身で介護をするための休業ではなく、仕事をしながら介護もしていくためのものだという理解をしてみたら、それほど少ないとは感じないのではないでしょうか?

介護休業とは何か

介護休業は93日じゃ足りない?上手な介護休業の使い方!についてのイラスト 2017年1月から介護休業が改正されます。
改正前は最大93日、1度だけ取得できるというものだったのですが、改正により通算93日を3回に分けて取得できるようになりました。

また介護休業を取得する時の条件として介護をする対象の家族に当てはまるのは「配偶者・父母・子・祖父母・兄弟姉妹・孫・配偶者の父母」となっています。

またこれらの対象者が2週間以上継続して介護を必要とする時になります。要介護認定では要介護2以上が対象者になります。

介護休業中には育児休業と同様に給付金が支給されます。
その割合も改正により今までよりも挙がっています。

介護休業は介護離職を防ぐためのもの?

今、社会的に介護離職が問題となっています。
政府も問題視しており、介護離職を防ぐための対策を検討しています。

そもそも介護離職は家族などに介護が必要となり、仕事と介護を両立することができずに離職するということですが、ご存じでしょうか?

そして介護休業は93日の間、介護を直接的にするだけのものではありません。
仕事をしながら介護を両立させるための準備をするための期間となります。


例えば仕事をしている日中にはデイサービスや訪問介護のサービスを利用する、としたときの利用するサービスを探すための期間になります。

「93日介護しても介護が続くから意味がない」と感じる方もいるでしょう。
しかし介護サービスを探し利用する手続きをすることで仕事を介護を両立することができるようになりませんか?

介護休業を取得しやすい環境を…

育児休業は当たり前のように取得できるようになりました。
しかし介護休業はまだ正しく理解されていないことも多く、介護離職をせざるを得ない状況になってしまい、経済的にも精神的にも悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

介護離職をしてしまうとそれまでの収入が絶たれてしまうことになります。
そして介護と1日中向き合い、追い詰められてしまいます。最終的には介護殺人などの悲しい結末を迎えてしまうことにもなり兼ねません。


こうしたことを防ぐために介護休業はあるということをしっかりと理解して欲しいと思います。
また誰もが介護休業を必要としたときに気兼ねなく取得することができるような社会になって欲しいものです。


2016年12月24日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop