介護の仕事は魅力的?介護福祉士のモデルがトーク
介護の仕事とは、お年寄りや障害を持った方を支援するお仕事です。介護職はきつい、辛い、しんどい、給料も安いなどとマイナスのイメージを感じる方が多いと思います。しかし、どんな仕事でもいろいろな面があります。介護職は、体力的にも確かに大変できついです。 排泄や入浴のお世話とネガティブに考える場合も場面も多々あります。しかし、介護をした相手の方から、「ありがとう」と感謝される場面に出会ったときこの一言は、他では味わえない満足感を得ることが出来ます。そして、また頑張ろうと思えると現場から聞こえます。

介護福祉士とは

介護の専門的な知識や技術を持つ人に与えられる国家資格です。資格取得には、高校卒業後、養成施設で履修して卒業する。3年以上の実務経験を積み、国家試験に合格するなどの方法があります。資格取得は、働きながら取得もできます。

介護福祉士のメリット・デメリット

メリット

・高い介護知識を有しています。仕事を選ばなければ仕事は確実にあります。
・指導者になれるというのも介護福祉士のメリットです。
・プロとして誰かの役に立つ仕事が出来、その上の資格も働きながら取得することもできます。

デメリット

・国家資格である介護福祉士であるが、貰えている給料は他の有資格者から見れば少ないです。
・給料が安い、ボーナスが無い、休みが少ないなどの待遇があまり良くない介護施設も少なく無いのが現状です。

介護士の仕事内容

汚物処理

施設等では感染症対策などの意識も高くなり、手袋を何重にもして処理業務を行いますので衛生的には問題ありません。

お年寄りとのコミュニケーション

介護も立派なサービス職ですから、お年寄りというお客様に対し気持ちよく利用して頂くのが仕事です。しかし、認知症のお年寄りや、性格的に問題があるお年寄りの方が多いのも現場の状況です。暴力的なお年寄りも中にはいらっしゃいます。当然のことですが、やり返したりはできません。理屈は通りません。こういった事態に対しては、自分の感情を抑えることや、相手を納得させられるかがとても重要になります。しかし、悪いことばかりではありません。得られる人生のノウハウは、やはり高齢者の方の経験からの知識ですから楽しみも多いです。

介護福祉士のモデル上条百里奈さん

介護の仕事は魅力的?介護福祉士のモデルがトークについてのイラスト 介護福祉士としての仕事をしながらモデルを続ける上条百里奈さんのお話しです。上条さんは東京都内の特別養護老人ホームで週4日ほど働きながらモデルの仕事もしていらっしゃいます。介護の仕事を続けてこられるのには、高齢者の「情の深さや思いやりの心」に触れているからと明言されました。「そんな細さでどうやって利用者を抱えているんですか」という問いに対して、「コツさえあればどんな大きな人でも持ち上げられる」と回答されました。キツイといわれる仕事も、気持ちと技術で乗り越えていらっしゃいます。

まとめ

介護,介護福祉士,国家資格,感染症対策,資格取得「人生における先輩から学べる」「達成感を感じることができる」「必要とされる喜びを感じられる」などといった「やりがい感」を感じる方も沢山いらっしゃいます。また、就職難の時代で、ますます需要の高まる職業でもあります。これからも、高齢者が増え人材不足の職業ですから、求人数も減る傾向は、ないと思われる職場です。
参考元: 朝日新聞


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop