介護の現場で不安やストレスを持って働く職員
 昨今、介護施設での様々な問題が報道されています。しかし、その現場で働く職員の環境も様々な問題があるにもかかわらず、改善していかないのも現状です。 利用者への虐待や暴力など一部の施設職員の行動がクローズアップされていますが、介護にかかわる、ほとんどの職員の問題も取り上げるべき問題かもしれません。

介護現場の疲弊

介護の現場で不安やストレスを持って働く職員についてのイラスト 介護の職員はいろいろな施設がありますが、宿泊があるところは365日・24時間無休で行っています。厚生労働省の規定で、その施設の最高利用できる人数が決まっています。したがって、どんなに頑張ってもその日の売り上げは上限を超えません。また、配置しなくてはいけない人数も決まっています。誰かが休んで規定を下回ってしまうときは、代わりに他の人が出なくてはなりません。ただでさえ、シフトで勤務が組まれている中、なかなか休みをとることも難しいです。人を増やすと赤字の可能があり、休みが出れば、代わりに出勤しなくてはいけないと超過勤務もかさみ、肉体的疲労も大きくなるのです。

介護職員のもう一つの不安

先の介護保険の改正で介護報酬は軒並み下がりました。介護保険の負担金も一部2割に上がり、介護保険の財源を維持するための措置ですが、実際、介護の現場で働く職員はこれにより給料が据え置きのところが多いです。それでなくても、一般の企業より給料が少なく、手取り15万にも満たない、ボーナスもないというところが多いため、現場や経営者含め頭の痛いところです。
昔から、福祉は医療に比べて地位が低いと言われてきました。介護施設がこれだけできて、福祉の必要度が上がっている中で、同じ命を扱う職業としてもう少し地位向上しても良いのではと思います。現在、介護の仕事に就くも離職する人の割合が増えています。人手不足が悪化する前に早めの対策をお願いしたいです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop