偏りがない介護サービスの提供を ケアマネの意識も大切
介護のスペシャリストともいえるケアマネジャーが作成するケアプラン。
介護は、この計画に沿って介護サービスが提供されていきます。 この提供される介護サービスを特定の業者に偏りを持たせてしまっているケアプランが多くあるそうです。

その理由には、ケアマネが所属している居宅介護支援事業所が介護サービスを自社提供していることが理由として挙げられます。 一定以上の偏りがある事業所に対しては介護報酬を減額するなどの措置がありますがまだまだ偏りはなくなってはいないようです。

ケアマネの配属先や仕事とは

偏りがない介護サービスの提供を ケアマネの意識も大切についてのイラスト ケアマネは居宅介護支援事業所に配属される他、地域包括支援センターや自治体など様々なところに配属されています。

その中で多いのは介護事業を行っている事業者の中に併設されている居宅介護支援事業所であると言われています。

またケアマネは利用者と相談しながら介護保険でのサービスや保険外サービスをプランの中に組み込み、利用できるように支援します。

その介護サービスを利用する際に気を付けなければならないのが 特定の業者に偏りが出ないことです。

しかし所属先で必要な介護サービスを提供している場合、売り上げなどの関係で自事業者を使うように暗黙の指示があることがあります。
そうすると必然的に自事業者に偏りが生じてしまうのです。

自事業者の考え方が変わらないと・・・

事業者のトップが「自分の事業者のサービスを利用させて売り上げを上げる」という考え方を持っていると指示に反することができずにそのようなプランを作成してしまうかもしれません。
上に反してしまったら自分の職を失うかもしれないからです。

例え同じ介護サービスを提供しているとしても、 利用者に最も適した他の事業者があればそちらを利用することが大切という考え方を持つ事業者であればケアマネも偏りなく介護サービスを組み立てることができると考えます。

このような考え方をしている事業者は、現実に存在してしまっているのは事実です。

利用者第一の考え方をする

介護サービスを利用するのはあくまでも利用者です。
またもっとも適した介護サービスを提供してくれる事業者を選択し、利用者に提示するという仕事はケアマネの大切な仕事です。

そこで自事業者で固めてしまっては利用者にとって良い影響を与えるとは限りません。
偏りを失くすためにはケアマネを雇用している事業者はもちろん、ケアマネ自身が「利用者本位」のサービスを受けることができるようにしなければならないのです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop